野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大「来季こそ」GG賞 日本人投手初の快挙逃し、ツイッターで意気込み

田中将大「来季こそ」GG賞 日本人投手初の快挙逃し、ツイッターで意気込み

MLBの守備の名手に贈られる「2018ローリングス・ゴールドグラブ賞」の受賞者が4日(日本時間5日)に発表され、投手部門でア・リーグはアストロズのダラス・カイケル投手、ナ・リーグではダイヤモンドバックスのザック・グリンキー投手が受賞した。最終候補の3人に入っていたヤンキースの田中将大投手は受賞を逃し、日本人投手初の快挙はならなかった。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

最終候補3人に入るも、アストロズのカイケルが受賞

 MLBの守備の名手に贈られる「2018ローリングス・ゴールドグラブ賞」の受賞者が4日(日本時間5日)に発表され、投手部門でア・リーグはアストロズのダラス・カイケル投手、ナ・リーグではダイヤモンドバックスのザック・グリンキー投手が受賞した。最終候補の3人に入っていたヤンキースの田中将大投手は受賞を逃し、日本人投手初の快挙はならなかった。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 田中は楽天時代の2011年から3年連続でゴールデングラブ賞を獲得するなど、フィールディングにも優れている。今季はカイケル、インディアンスのコーリー・クルーバーとともにファイナリストに選ばれていたが、野手を含めても2010年のイチロー以来となるゴールドグラブ賞受賞はならなかった。

 この日、田中は自身のツイッターを更新。「今日、ゴールドグラブ賞の受賞者の発表がありました。残念ながらゴールドグラブ賞を受賞する事が出来ませんでしたが、初めてファイナリストの3人の残れたので、来シーズンこそは…!という思いです 更なるスキルアップを目指してまた頑張っていきます」と悔しさを滲ませながらも、来季での受賞に意欲を示していた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」