野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【侍ジャパン】初招集でいきなり台湾戦先発の中日・笠原「緩急を使って抑えていく」

野球日本代表「侍ジャパン」は、7日にヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦う。試合前日となる6日にはヤフオクドーム内で両チームが練習を行い、侍ジャパンは9日からの「2018日米野球」に先駆けて行われる一戦に備えた。

前日練習を行った侍ジャパン・笠原祥太郎【写真:福谷佑介】
前日練習を行った侍ジャパン・笠原祥太郎【写真:福谷佑介】

今季は20試合に登板して6勝をマーク

 野球日本代表「侍ジャパン」は、7日にヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦う。試合前日となる6日にはヤフオクドーム内で両チームが練習を行い、侍ジャパンは9日からの「2018日米野球」に先駆けて行われる一戦に備えた。

9日に「2018日米野球」が開幕 稲葉監督の言葉から探る侍ジャパンの注目点は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 チャイニーズ・タイペイ戦で、侍ジャパンの先発マウンドを託されたのは笠原祥太郎投手(中日)。今季は20試合に先発して6勝4敗、防御率4.14の成績を残している左腕は「チームに流れを持ってこられるような投球をしたい。真っ直ぐは速くないので、チェンジアップとカーブで緩急を使って抑えていきたい」と意気込みを語った。

 侍ジャパントップチームに初めて招集され「ユニホームが似合っているのかな、という感じ」とはにかんでいた左腕。チャイニーズ・タイペイ戦の先発は1週間ほど前に電話をもらい、伝えられたという。「緩急というのはずっとやってきたこと。その武器を発揮できればいいかなと思っています。ここでちゃんと結果を残す、いい投球をすれば今度に繋がっていくと思います」と語り、初の先発マウンドに表情を引き締めていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」