野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【侍ジャパン】先発の中日笠原は2回無失点 チェンジアップ生かして好投

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦った。9日からの「2018日米野球」に向けた壮行試合となった一戦。先発した笠原祥太郎投手(中日)は、2回を無失点に封じた。

先発した侍ジャパン・笠原祥太郎【写真:Getty Images】
先発した侍ジャパン・笠原祥太郎【写真:Getty Images】

侍ジャパン初招集で初先発となった笠原

■侍ジャパン – チャイニーズ・タイペイ(7日・ヤフオクドーム)

9日に「2018日米野球」が開幕 稲葉監督の言葉から探る侍ジャパンの注目点は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦った。9日からの「2018日米野球」に向けた壮行試合となった一戦。先発した笠原祥太郎投手(中日)は、2回を無失点に封じた。

 侍ジャパン初招集でいきなり先発のマウンドを任された笠原。稲葉篤紀監督が「通用するか見てみたい」と話していた武器のチェンジアップを軸とした緩急を生かした投球を披露。初回2死から3番チェン・ジュンシゥに左中間を破られる二塁打を浴びたものの、後続を切って得点は与えなかった。

 2回は2死から7番ワン・ウェイチェンを空振り三振に仕留めるなど3者凡退に仕留めた。当初の予定通りに2イニングを投げて降板。2回1安打2三振無失点で2番手の濱口遥大投手(DeNA)にバトンを渡した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」