野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【侍ジャパン】5回まで無安打 4イニング連続3者凡退、岩貞炎上で5点ビハインド

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦った。9日からの「2018日米野球」に向けた壮行試合として組まれた一戦だが、侍ジャパン打線は5回までノーヒットに抑え込まれ、0-5とリードを許している。

7番・捕手で先発出場している侍ジャパン・森友哉【写真:Getty Images】
7番・捕手で先発出場している侍ジャパン・森友哉【写真:Getty Images】

5回までに出した走者は初回に四球を選んだ山田1人のみ

■侍ジャパン – チャイニーズ・タイペイ(7日・ヤフオクドーム)

9日に「2018日米野球」が開幕 稲葉監督の言葉から探る侍ジャパンの注目点は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦った。9日からの「2018日米野球」に向けた壮行試合として組まれた一戦だが、侍ジャパン打線は5回までノーヒットに抑え込まれ、0-5とリードを許している。

 ポストシーズン未出場のチームの選手にとっては久々の試合、日本シリーズに出場していた広島、ソフトバンクの選手にとっては激戦の疲労が残る中でのゲームとなった影響か。1番に秋山翔吾、4番に山川穂高(ともに西武)、5番に柳田悠岐(ソフトバンク)を置くラインナップを組んだ侍ジャパン打線が、チャイニーズ・タイペイ投手陣の前に沈黙している。

 初回2死から山田哲人(ヤクルト)が四球を選んで出塁したが、続く山川は三飛に倒れた。2回以降はチャイニーズ・タイペイ先発の左腕ジィアン・チェンイェン、2番手シー・ヅゥチェンの前に4イニング連続で3者凡退に。5回には3番手の岩貞が大量5失点を喫し、5回を終えて0-5となっている。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」