野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【侍ジャパン】惜敗で初黒星の稲葉監督 9回の猛反撃に「次に繋がると思っている」

野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦い、5-6で敗れた、6点ビハインドの9回に怒涛の反撃を見せて5点を返したものの、あと一歩及ばず。就任後初黒星となった稲葉篤紀監督は「今日は試合から遠ざかっていた選手を優先的に出そうと思っていた。試合勘を戻すことをやっていた」と、この日の試合への意図を語った。

侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】
侍ジャパン・稲葉篤紀監督【写真:Getty Images】

5回までノーヒットも「今日は試合勘を戻すこと」

■チャイニーズ・タイペイ 6-5 侍ジャパン(7日・ヤフオクドーム)

9日に「2018日米野球」が開幕 稲葉監督の言葉から探る侍ジャパンの注目点は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」は7日、ヤフオクドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」チャイニーズ・タイペイ戦を戦い、5-6で敗れた、6点ビハインドの9回に怒涛の反撃を見せて5点を返したものの、あと一歩及ばず。就任後初黒星となった稲葉篤紀監督は「今日は試合から遠ざかっていた選手を優先的に出そうと思っていた。試合勘を戻すことをやっていた」と、この日の試合への意図を語った。

 先発の笠原祥太郎(中日)、2番手の濱口遥大(DeNA)が無失点の好投を見せたが、5回に3番手の岩貞祐太(阪神)が3ランを浴びるなど5失点。試合から遠ざかっていたメンバーが中心となった打線は5回まで無安打に封じられた。9回に途中出場の田中広輔(広島)の二塁打から、山田哲人(ヤクルト)と外崎修汰(西武)の適時打などで反撃したが、1点届かなかった。

 9回に打者一巡の猛攻で5点を奪った打線について「9回に繋がってきた。自分の打撃が出来てきたかなと。あそこで5点取れましたので、次に繋がるかなと思っている」と語り、投手陣については「投手は甘いところに投げれば、やっぱり打たれるということが分かったと思うので、ここで修正してくれれば」と振り返っていた。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」