野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB選抜マッティングリー監督、ソトの天井直撃打に「ラッキーな二塁打だった」

MLB選抜マッティングリー監督、ソトの天井直撃打に「ラッキーな二塁打だった」

巨人とMLBオールスターチームによる「2018日米野球エキシビジョンゲーム」が8日、東京ドームで行われ、MLB選抜が9-6で勝利した。指揮を執ったドン・マッティングリー監督は「しばらく実戦から離れていたが、よくバットを振れていた」と満足げに勝利を振り返った。

天井直撃弾で場内をどよめかせたMLB選抜のファン・ソト【写真:Getty Images】
天井直撃弾で場内をどよめかせたMLB選抜のファン・ソト【写真:Getty Images】

4回に守備連係ミスからランニング本塁打を献上

 巨人とMLBオールスターチームによる「2018日米野球エキシビジョンゲーム」が8日、東京ドームで行われ、MLB選抜が9-6で勝利した。指揮を執ったドン・マッティングリー監督は「しばらく実戦から離れていたが、よくバットを振れていた」と満足げに勝利を振り返った。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 この日は、良くも悪くも「若さ」が目立った。ともにナ・リーグ新人王候補のロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)、フアン・ソト(ナショナルズ)は天井直撃の二塁打を含む2安打ずつを記録し、攻撃の起点となった。一方、守備では4回に巨人の松原聖弥が左中間に上げたフライを、中堅アクーニャJr.と左翼ソトがお見合い。結果としてランニングホームランで3点を許した。

 10月25日に20歳になったばかりのソトと、12月で21歳になるアクーニャJr.について「とてもエキサイティングな選手」と語っていた指揮官は、「若さ溢れる打撃と同時に、守備でも若さが出た。どちらも若さがもたらすもの。(ソトの天井直撃打に)ラッキーな二塁打だった」とし、「シリーズが進むに連れて修正されるだろう」と鷹揚に構えた。

 9日からはいよいよ「2018日米野球」がスタートする。東京で3試合、広島で1試合、名古屋で2試合の合計6試合のシリーズ。メジャー選手の来日を心待ちにしていた日本のファンに、好勝負で応えたい。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」