野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「米国でみんなが『まるで神』と言う」―元楽天AJが明かす大谷翔平1年目の衝撃

「米国でみんなが『まるで神』と言う」―元楽天AJが明かす大谷翔平1年目の衝撃

メジャー1年目から投打二刀流で米国を驚かせたエンゼルスの大谷翔平投手。元大物メジャーリーガーとして2013年に楽天の日本一に貢献したアンドリュー・ジョーンズ氏も、そのプレーには強い衝撃を受けたようだ。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

大谷のルーキーイヤーが自身の楽天加入1年目「私はきっと彼から打っていないと思います」

 メジャー1年目から投打二刀流で米国を驚かせたエンゼルスの大谷翔平投手。元大物メジャーリーガーとして2013年に楽天の日本一に貢献したアンドリュー・ジョーンズ氏も、そのプレーには強い衝撃を受けたようだ。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 DAZNではオフの新番組「Home of Baseball」の配信を2日から開始。第1回は大谷の特集で、投手編(2日から)、野手編(9日から)に分けてルーキーイヤーを様々な角度から分析している。日米通算2148安打、484本塁打のジョーンズ氏、エンゼルスOBで現在はオリックスのシニアアドバイザーを務める長谷川滋利氏、元レイズ(デビルレイズ)の岩村明憲氏、エンゼルスのOBで地元テレビ局の中継解説者を務めるMLB132勝のマーク・グビザ氏らが登場。2013年、2014年の楽天在籍時に大谷と対戦した経験のあるジョーンズ氏は、かつての対戦経験も織り交ぜながら、MLBでのルーキーイヤーを終えた大谷翔平を語った。

 ジョーンズ氏が楽天入りした2013年は、大谷が前年のドラフト会議で日本ハムから1位指名を受けて入団したルーキーイヤー。ジョーンズ氏は、自身が加入して球団史上初のリーグ優勝、日本シリーズ制覇を成し遂げたこの年を懐かしむように振り返った。

「移籍1年目はタナカ(田中将大=現ヤンキース)を筆頭に、みんなの活躍で優勝できました。私が日本に行った時、タナカは日本で特に有名な選手で、オオタニはちょうどファイターズにドラフト指名されてプロ入りしたばかりでした」

 当時すでに36歳、MLB通算434本塁打を誇る強打者だったジョーンズ氏の来日1年目と大谷の19歳のルーキーイヤーが重なっているというのも、何かの縁だろうか。

「彼は素晴らしい若者です。個人的にも知っていますし、一緒に日本のオールスターゲーム(2013年)にも出ました。彼がどんなピッチャーなのか、分かっています。オオタニはパワーで押す投手です。速球でグイグイいきます。私は日本できっと彼から打っていないと思います。おそらく4、5回くらい対戦したんじゃないかと思いますけどね」

 実際には、ジョーンズ氏は楽天に在籍した2013年、14年の2年間で7試合、20打席対戦している。結果は16打数ノーヒット、4四死球、7三振。完璧に抑え込まれた。

 大谷との初対戦は同年9月6日、Kスタ宮城(現楽天生命パーク宮城)で、結果は中飛、四球、死球の1打数ノーヒットだった。

 翌年、6試合でジョーンズ氏は大谷と対戦しているが、結局1本もヒットを打てなかった。特に2014年7月9日の対戦では、4打席すべて空振り三振。この日の試合で楽天打線は大谷から16三振を奪われたが、その4分の1はジョーンズ氏が喫したものだった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」