野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日米野球】MLBが3回に先制! 2回まで無安打無失点の侍J岸からロサリオが左翼へソロ弾

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は9日、東京ドームで第1戦が行われ、3回にMLBがアーメッド・ロサリオ内野手のソロ弾で1点を先制した。

MLBオールスターチームのアーメッド・ロサリオ【写真:Getty Images】
MLBオールスターチームのアーメッド・ロサリオ【写真:Getty Images】

モリーナも右前打を放つが追加点はならず

■侍ジャパン – MLBオールスター(9日・東京ドーム)

9日に「2018日米野球」が開幕 稲葉監督の言葉から探る侍ジャパンの注目点は?(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は9日、東京ドームで第1戦が行われ、3回にMLBがアーメッド・ロサリオ内野手のソロ弾で1点を先制した。

 侍ジャパンの先発、岸孝之(楽天)は初回を3者凡退とすると、2回先頭に四球を与えたが後続を退けて二塁を踏ませず。2回まで無安打無失点と快投していた。

 だが、0-0で迎えた3回表、先頭で打席に立ったロサリオは、カウント1-1から3球目をフルスイング。高々と上がった打球は左翼席に飛び込む先制ソロとなった。その後、2死からモリーナが右前打で出塁するも、アクーニャJr.が二ゴロに倒れ、追加点はならなかった。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」