野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト愛炸裂のギター番長・古市コータロー氏 自身が選ぶ歴代NO1監督は…

ヤクルトを1970年代から応援し続ける筋金入りのファンがいる。キャリア30年を超えるバンド「ザ・コレクターズ」のギタリスト、古市コータロー氏だ。第2回は、日本を代表するモッズバンドのギター番長が、愛するヤクルトの黄金時代、1992年、93年の日本シリーズについて振り返る。

古市コータロー氏(左)とオカモト“MOBY”タクヤ氏が野球について熱く語った【写真:NBNL】
古市コータロー氏(左)とオカモト“MOBY”タクヤ氏が野球について熱く語った【写真:NBNL】

西武と日本一を争った1992年、93年の黄金期

 ソフトバンクが2年連続日本シリーズ制覇を果たし、幕を閉じた今季プロ野球。セ・リーグでは球団史上初となるリーグV3達成の広島が安定感ある強さを見せつけたが、昨季の球団ワースト96敗から2位へ大きく躍進したヤクルトの快進撃もペナントレースを盛り上げた。

 そんなヤクルトを1970年代から応援し続ける筋金入りのファンがいる。キャリア30年を超えるバンド「ザ・コレクターズ」のギタリスト、古市コータロー氏だ。第2回は、日本を代表するモッズバンドのギター番長が、愛するヤクルトの黄金時代、1992年、93年の日本シリーズについて振り返る。

 お相手を務めたのは、おなじみFull-Countプレゼンツ「NO BASEBALL, NO LIFE.」(FMおだわら)でメインMCを務めるオカモト“MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO)だ。

――――――――――――

MOBY「70年代からずっとスワローズを応援してきたコータローさんが、92年、93年は毎日のように神宮球場に通っていたと前にお話を聞かせてもらいましたけど、92年はリーグ優勝、そして93年に日本一と球団の黄金時代ですよね。やっぱりコータローさんの中でも一番思い出に残る時代ですか?」

古市「そうだね。小学校の時に好きだった若松(勉)よりも思い入れがありますよ。投手のローテーションも頭の中に入っていたし、僕なりに(脳内で)監督業をやってましたから(笑)」

MOBY「その気持ち、よくわかります(笑)」

古市「荒木大輔が復活登板の時は神宮球場で見てましたよ。今、思い出しても、興奮して息が上がって死にそうになる瞬間だよね。92年は八重樫(幸雄)、杉浦(亨)、角(富士夫)ね。いぶし銀の角選手が最後ハウエルの代わりに三塁の守備に就いた時は、もう興奮したな。日本シリーズは、これまた黄金時代の西武ライオンズですよ。秋山(幸二)、清原(和博)、デストラーデ。潮崎(哲也)もいたよね。92年は第7戦までいきましたね(笑)」

MOBY「そうですよ。この時の日本シリーズは歴代最高とも言われていますから。第1戦がヤクルトは岡林(洋一)、西武は渡辺(久信)」

古市「岡林はシーズン通して投げすぎたよね。ちょっと気の毒だった」

MOBY「第2戦がまたいいんですよ。西武が2-0で勝つんですが、ピッチャーは郭(泰源)と荒木」

古市「いいねえ。荒木!」

MOBY「第3戦は石井(一久)対石井(丈裕)でした」

古市「この頃の石井一久はすごく良かったね」

MOBY「第4戦も岡林が投げて、第5戦はヤクルトが7-6(で勝利)。先発は高野(光)。当時の抑え、伊東昭光が勝ち投手になったんですね」

古市「そうそう! 伊東昭光も好きだったよ(笑)」

MOBY「第6戦は秦(真司)のホームランでサヨナラ勝ちでした」

古市「覚えてる。あれは良かったよねえ。割と短期決戦だから、持ってる男っていうのが絶対現れるんだよね。ラッキーボーイみたいな。そういうのはあるよね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」