野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 【日米野球】MLB選抜監督、柳田の劇的サヨナラ弾に顔ゆがめる「こういう負け方は悔しい」

【日米野球】MLB選抜監督、柳田の劇的サヨナラ弾に顔ゆがめる「こういう負け方は悔しい」

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は9日、東京ドームで第1戦が行われ、MLB選抜は6-7で劇的なサヨナラ負けを喫した。MLB選抜を率いるドン・マッティングリー監督(マーリンズ)を目前にした、まさかの展開に「こういう負け方は悔しい」と顔をゆがめた。

MLB選抜を率いるドン・マッティングリー監督【写真:Getty Images】
MLB選抜を率いるドン・マッティングリー監督【写真:Getty Images】

「最終回まではいい試合だった」も…9回にまさかの逆転劇

■侍ジャパン 7-6 MLBオールスター(9日・東京ドーム)

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は9日、東京ドームで第1戦が行われ、MLB選抜は6-7で劇的なサヨナラ負けを喫した。MLB選抜を率いるドン・マッティングリー監督(マーリンズ)を目前にした、まさかの展開に「こういう負け方は悔しい」と顔をゆがめた。

 侍ジャパンの本気度に比べると、やや観光気分も否めないMLBオールスターチームだったが、やはり勝負となれば目の色が変わる。序盤の投手戦から中盤以降は打撃戦に一転。左翼へのホームラン3発で最終盤まで6-4とリードしていたが、勝利目前の9回にソフトバンク柳田に劇的な逆転弾を浴び、よもやの逆転サヨナラ負け。ヒーローインタビューのざわめきを遠くに聞きながら、会見室に現れたマッティングリー監督と、6回に決勝弾となるはずだった左翼への2ランを放ったフアン・ソト外野手(ナショナルズ)は複雑な表情を浮かべていた。

 指揮官は「最終回まではいい試合だったが……」と声を落とすと同時に、「日本の打線が非常に優れ、パワーを持っていることは知っていた」とも明かしたが、時すでに遅し。「レギュラーシーズンのように豊富な打者情報はなく、少ない情報をかき集めながらの戦いだった」と付け加えることしかできなかった。

 実戦から1か月ほど離れた即席チームだとはいえ、黒星は気分が良くない。前日戦った巨人とのエキシビジョンマッチでは、ミスが目立ちながらも勝利を飾ったが、現時点でNPBベストメンバーを集めた侍ジャパンが対戦相手。10日の第2戦からMLBオールスターチームも本気度を上げて勝負に臨むことになりそうだ。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」