野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • 現役続行への“狭き門” 戦力外からトライアウトで契約に至った選手たち

現役続行への“狭き門” 戦力外からトライアウトで契約に至った選手たち

13日にタマホームスタジアム筑後で12球団合同トライアウトが開催される。今オフは、2010年の首位打者・西岡剛内野手(阪神)や、2007年に最優秀防御率を記録した成瀬善久投手(ヤクルト)など、ビックネームも戦力外に。他球団での現役続行を模索する選手の多くは、このトライアウトを受け、スカウトにアピールすることで契約を目指す。そして、球団側も優勝へのラストピースとなる存在や、大きなポテンシャルを秘めたダイヤの原石を見つけるべく目を光らせている。実際に、工藤隆人外野手(中日)や、井野卓捕手(ヤクルト)など、トライアウトから拾われて欠かせない戦力になった選手もいる。

10月にヤクルトから戦力外となった鵜久森【写真:荒川祐史】
10月にヤクルトから戦力外となった鵜久森【写真:荒川祐史】

今オフは西岡や成瀬も戦力外に、過去5年で“ラストチャンス“をモノにした選手は…

 13日にタマホームスタジアム筑後で12球団合同トライアウトが開催される。今オフは、2010年の首位打者・西岡剛内野手(阪神)や、2007年に最優秀防御率を記録した成瀬善久投手(ヤクルト)など、ビックネームも戦力外に。他球団での現役続行を模索する選手の多くは、このトライアウトを受け、スカウトにアピールすることで契約を目指す。そして、球団側も優勝へのラストピースとなる存在や、大きなポテンシャルを秘めたダイヤの原石を見つけるべく目を光らせている。実際に、工藤隆人外野手(中日)や、井野卓捕手(ヤクルト)など、トライアウトから拾われて欠かせない戦力になった選手もいる。

 そこで、過去5年間でトライアウトから他球団との契約に至った主な選手をピックアップした。

※年の横のカッコ内は総受験者数。選手の横のカッコ内は当時の年齢。

◯2013年(65人)
岸敬祐投手(26)
巨人戦力外→ロッテ(育成)

金森敬之投手(28)
日本ハム戦力外→愛媛マンダリンパイレーツ→ロッテ(育成)

有馬翔投手(23)
ソフトバンク戦力外→楽天(育成)

細山田武史捕手(27)
DeNA戦力外→ソフトバンク(育成)

松冨倫内野手(23)
巨人戦力外→ソフトバンク(育成)

勧野甲輝内野手(21)
楽天戦力外→ソフトバンク(育成)

工藤隆人外野手(32)
ロッテ戦力外→中日

 静岡県草薙総合運動硬式野球場とナゴヤ球場で開催された2013年トライアウト。計65人が受験した。2012年に日本ハムを戦力外となった金森は、四国アイランドリーグを経てロッテとの育成契約を結び、その後支配下登録を勝ち取り2014~2016年で計27試合に登板した。中日と契約した工藤は、代打・代走・守備固めとして息の長い活躍を見せ、2018年オフに現役引退を発表した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」