野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の新人王、辛辣NY紙は“恨み節”→“白旗”「彼はベースボールの鬼才」

大谷翔平の新人王、辛辣NY紙は“恨み節”→“白旗”「彼はベースボールの鬼才」

エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、ア・リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)」に選出された。シーズン開幕前から大谷に辛口な論評を続けてきたニューヨークメディアも、猛プッシュしていたヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手が48ポイントの大差で2位に終わったことに“意気消沈”。「ヤンキースファンには申し訳ないが、接戦にもならなかった」と二刀流のスーパースターに“白旗”を上げている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

アンドゥハーは大差で敗北「ヤンキースファンには申し訳ないが…」

 エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、ア・リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)」に選出された。シーズン開幕前から大谷に辛口な論評を続けてきたニューヨークメディアも、猛プッシュしていたヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手が48ポイントの大差で2位に終わったことに“意気消沈”。「ヤンキースファンには申し訳ないが、接戦にもならなかった」と二刀流のスーパースターに“白旗”を上げている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 昨オフ、争奪戦が始まるまでは移籍先の大本命と米国で報じられてきたヤンキース。しかし、実際には“書類選考”で落選。その後、ニューヨークメディアは二刀流センセーションを巻き起こす大谷に対して辛口な姿勢を示してきたが、新人王争いの決着でついに観念したようだ。

「ア・リーグ新人王の選択は明確だった。そして、接戦にすらならなかった」と特集したのは地元紙「ニューヨーク・ポスト」だ。「ヤンキースファンには申し訳ないが、ショウヘイ・オオタニはア・リーグ新人王に最も相応しい受賞者だ。これは誰の目にも明らかで、接戦にすらならなかった」。アンドゥハー、そして、グレイバー・トーレス内野手も新人王の最終候補に残る中、ヤンキースファンと地元メディアはアンドゥハーの受賞を“猛プッシュ”していた。だが、現実は違った。大谷に1位票を投じた記者は25人に対し、アンドゥハーはわずか5人。戦前のアンドゥハーとの一騎打ちとみられていたはずが、実際には48票もの大差だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」