野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日米野球】侍ジャパン岡本、13打席目に待望の代表1号! 2回にバックスクリーン特大ソロ

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は14日、ナゴヤドームで第5戦が行われ、侍ジャパンの岡本和真(巨人)が2回にバックスクリーンへ待望の代表1号ソロを運んだ。

2回にソロホームランを放った侍ジャパン・岡本和真【写真:Getty Images】
2回にソロホームランを放った侍ジャパン・岡本和真【写真:Getty Images】

2回表に2点を先制された直後に一発

■侍ジャパン – MLBオールスター(14日・ナゴヤドーム)

柳田悠岐は「スケールが違う」 日米野球で侍ジャパンの選手の明暗を分けた国際試合の「対応力」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は14日、ナゴヤドームで第5戦が行われ、侍ジャパンの岡本和真(巨人)が2回にバックスクリーンへ待望の代表1号ソロを運んだ。

 2回表、MLBオールスターチームがホスキンスの2戦連続アーチで2点を先制。その直後だった。2回裏に先頭で打席に立った岡本は、MLB先発ゲラが1ボールから投じた2球目をフルスイング。打球は乾いた音を響かせてバックスクリーンに飛び込む特大ソロとなった。

 岡本にとって、これが代表初アーチ。トップチームに初選出され、13打席目での一撃となった。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」