野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日米野球】侍ジャパン、7回から驚異の反撃で逆転勝利! 4勝1敗でシリーズ勝ち越し決定

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は14日、ナゴヤドームで第5戦が行われ、侍ジャパンが6-5で逆転勝利を飾った。これで対戦成績を4勝1敗とし、シリーズ勝ち越しを決めた。

8回に勝ち越しタイムリーを放った侍ジャパン・甲斐拓也【写真:Getty Images】
8回に勝ち越しタイムリーを放った侍ジャパン・甲斐拓也【写真:Getty Images】

7回に代打山川の二塁打で同点、8回に甲斐の適時打で勝ち越し

■侍ジャパン 6-5 MLBオールスター(14日・ナゴヤドーム)

柳田悠岐は「スケールが違う」 日米野球で侍ジャパンの選手の明暗を分けた国際試合の「対応力」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は14日、ナゴヤドームで第5戦が行われ、侍ジャパンが6-5で逆転勝利を飾った。これで対戦成績を4勝1敗とし、シリーズ勝ち越しを決めた。

 2回にホスキンスの2ランで2点を先制された侍ジャパンだったが、その裏に岡本和真(巨人)がバックスクリーンへ代表初アーチをかけ、1点差に追い上げた。だが、3回以降は2四球を選ぶも打線が沈黙。6回まで1安打1得点に抑え込まれた。

 だが、4点を追う7回に打線が覚醒。先頭岡本が右前打で出塁すると、続く上林の右前打で果敢に三塁へ進塁。無死一、三塁と好機を広げると、甲斐が同じく右前に打球を弾き返し、1点を返した。なおも無死一、二塁で打席に立った田中和の打球は、投手の正面を突く当たりとなったが、ベラスケスがこれを二塁へ悪送球。この間に二塁走者だった上林がホームインした。

 源田が空振り三振で1死一、三塁となったところで、稲葉篤紀監督は代打として山川を投入。山川は初球を捉え、左中間を破るタイムリー二塁打とし、この回一挙4点を奪い、同点に追いついた。

 8回には2死一塁から甲斐が左中間へ二塁打を運び、一塁走者だった上林が一気にホームイン。土壇場で1点の勝ち越しに成功した。

 9回は松井裕樹が締め、侍ジャパンは逆転勝利。対戦成績を4勝1敗とし、見事シリーズ勝ち越しを決めた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」