野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日米野球】侍ジャパンが8回に逆転 甲斐の二塁打で上林が一塁から激走生還

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は14日、ナゴヤドームに舞台を移して第5戦が行われ、侍ジャパンは8回についに逆転に成功した。7回に3連打と敵失策、代打山川の2点適時二塁打で同点に追いつくと、甲斐の左中間への適時二塁打で一塁走者の上林が一気に本塁まで生還した。

8回に逆転の足掛かりとなる右前安打を放った侍ジャパン・上林誠知【写真:Getty Images】
8回に逆転の足掛かりとなる右前安打を放った侍ジャパン・上林誠知【写真:Getty Images】

“甲斐キャノン”は盗塁許すも、2安打2打点とバットで活躍

■侍ジャパン – MLBオールスター(14日・ナゴヤドーム)

柳田悠岐は「スケールが違う」 日米野球で侍ジャパンの選手の明暗を分けた国際試合の「対応力」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は14日、ナゴヤドームに舞台を移して第5戦が行われ、侍ジャパンは8回についに逆転に成功した。7回に3連打と敵失策、代打山川の2点適時二塁打で同点に追いつくと、甲斐の左中間への適時二塁打で一塁走者の上林が一気に本塁まで生還した。

 侍ジャパンは2回に岡本和真の中堅ソロ弾で1点を挙げたのみ。だが、4点を追う7回に、先頭の岡本が右前打で出塁すると、続く上林、甲斐の3連打で、まずは1点を返した。なおも無死一、二塁で打席に立った田中和の打球は投手の正面を突いたが、ベラスケスがこれを二塁へ悪送球。この間に二塁走者だった上林がホームインして2点差に迫ると、1死一、三塁で代打の山川が左中間を破る適時二塁打で同点に追いついた。

 勢いに乗る侍ジャパンは8回、2死から上林が右前安打で出塁すると、続く甲斐は左中間への二塁打。相手守備陣が打球の処理にもたつく間に、一塁走者の上林は二塁を蹴り、三塁も蹴って、一気に本塁へ生還。ついに勝ち越した。6回に盗塁を許した甲斐は2安打2打点と奮闘。前日の第4戦に続き、試合終盤に侍ジャパンが逆転に成功した。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」