野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島からFA宣言の丸、他選手と次元の違う「選球眼」 突出する指標

広島からFA宣言の丸、他選手と次元の違う「選球眼」 突出する指標

MLBの試合中継ではAVG(打率)とともに、OBP(出塁率)が表示されることが多い。四死球も含めた出塁率は、MLBではむしろ打率よりも重視されるといってもよい。NPBでも最高出塁率は打撃タイトルの1つになっている。まずは、今季のセ・パ両リーグの出塁率10傑を見ていこう。

広島・丸佳浩【写真:荒川祐史】
広島・丸佳浩【写真:荒川祐史】

メジャーでは打率より出塁率重視、ホークス柳田は4年連続でタイトル獲得

 MLBの試合中継ではAVG(打率)とともに、OBP(出塁率)が表示されることが多い。四死球も含めた出塁率は、MLBではむしろ打率よりも重視されるといってもよい。NPBでも最高出塁率は打撃タイトルの1つになっている。まずは、今季のセ・パ両リーグの出塁率10傑を見ていこう。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

◯パ・リーグ
1柳田悠岐(ソ).431
(475打167安62四8死、打率.352)
2近藤健介(日).427
(462打149安87四1死、打率.323)
3吉田正尚(オ).4030
(514打165安69四7死、打率.321)
4秋山翔吾(西).4029
(603打195安77四4死、打率.323)
5山川穂高(西).396
(541打152安88四16死、打率.281)
6西川遥輝(日).391
(528打147安96四3死、打率.278)
7浅村栄斗(西).383
(565打175安68四2死、打率.310)
8井上晴哉(ロ).37408
(476打139安63四3死、打率.292)
9中村奨吾(ロ).37402
(552打157安60四22死、打率.284)
10島内宏明(楽).373
(394打115安47四6死、打率.292)

◯セ・リーグ
1丸佳浩(広).468
(432打132安130四3死、打率.306)
2鈴木誠也(広).438
(422打135安88四5死、打率.320)
3山田哲人(ヤ).432
(524打165安106四4死、打率.315)
4坂本勇人(巨).424
(441打152安61四0死、打率.345)
5糸井嘉男(神).420
(419打129安77四8死、打率.308)
6ビシエド(中).419
(512打178安51四15死、打率.348)
7平田良介(中).410
(493打162安67四3死、打率.329)
8青木宣親(ヤ).409
(495打162安51四19死、打率.327)
9坂口智隆(ヤ).406
(508打161安75四3死、打率.317)
10岡本和真(巨).394
(540打167安72四4死、打率.309)

 パ・リーグは首位打者を取ったソフトバンク柳田が最高出塁率。柳田はこれで4年連続のタイトルとなる。毎年、安打と四死球を合わせて250前後の出塁をしている。2位近藤、3位吉田、4位秋山までが左打者。右打者の1位は本塁打王の山川だ。

 セ・リーグ1位の丸は初めての出塁率1位だが、四死球は安打よりも多い133。今季の丸は本塁打王ソトに2本差の39本塁打を記録したが、相手がこの長打力を恐れたのか、四球が前年の83から急増した。2位に同僚の鈴木、3位にはヤクルトの山田哲人と強打者が並ぶ。

 NPBの出塁率の定義は1985年に改定されている。従来は、出塁率 =(安打+四球+死球)÷(打数+四球+死球)だったが、1985年以降、出塁率=(安打+四球+死球)÷(打数+ 四球+死球+犠飛)となった。このため出塁率の記録は、1985年の前後で分けられている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」