野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 【日米野球】MLB選抜指揮官、侍Jの粘りに脱帽「最後まで抑え続けるのは難しい」

【日米野球】MLB選抜指揮官、侍Jの粘りに脱帽「最後まで抑え続けるのは難しい」

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターが対戦する「2018日米野球」は14日、ナゴヤドームへと舞台を移して第5戦が行われた。終盤までMLBオールスターがリードする展開となったが、侍ジャパンが7回、8回の集中打で大逆転。第4戦に続き2試合連続で逆転勝利を収めた。

8回、甲斐の左中間への当たりで一塁走者・上林が生還し決勝点を奪った【写真:Getty Images】
8回、甲斐の左中間への当たりで一塁走者・上林が生還し決勝点を奪った【写真:Getty Images】

第4戦、第5戦と2試合連続で終盤に逆転を許す

■侍ジャパン 6-5 MLBオールスター(14日・ナゴヤドーム)

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターが対戦する「2018日米野球」は14日、ナゴヤドームへと舞台を移して第5戦が行われた。終盤までMLBオールスターがリードする展開となったが、侍ジャパンが7回、8回の集中打で大逆転。第4戦に続き2試合連続で逆転勝利を収めた。

 MLBオールスターにとっては前日の悪夢が蘇る展開だった。7回までに5点を奪って4点をリード。あとは逃げ切るだけだった。暗転したのは7回。2番手のベラスケス(レッドソックス)が甲斐と山川の適時打、自らの悪送球も絡んで大量4失点で試合を振り出しに戻された。

 続く8回には2死から上林の右前安打で走者を出し、甲斐に左中間への適時二塁打。外野守備陣が打球処理にもたつく間に、上林に生還を許して勝ち越し点を奪われ敗れた。2戦連続で痛恨の逆転負けを喫することとなったMLBオールスターのドン・マッティングリー監督は「全体として第1戦、第4戦、第5戦と終盤までこちらがリードしていながら、ひっくり返される展開となり、残念です」と語った。

 第4戦、第5戦と2試合ともに終盤までリードをしながら、リリーフ陣がつかまって逆転を許したMLBオールスター。侍ジャパンの試合終盤の粘り強さを味わうこととなった指揮官は「我々の投手に対して素晴らしい攻撃を見せてきた。特に終盤粘り強く、しっかりボールを叩くというところ、逆方向にヒットを打つというのも目立っていたと思います。大きな当たりも飛ばしていた。終盤のチャンスに得点を取れるところ、3度そうやってひっくり返されている。最後まで抑え続けるのが難しい打線だと感じています」と振り返っていた。

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」