野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日米野球】第6戦の侍Jスタメン発表 4番は巨人岡本、中日笠原は本拠地で先発

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが戦う「2018日米野球」は15日、ナゴヤドームで最終戦となる第6戦を戦う。ここまで4勝1敗とし勝ち越しを決めた侍ジャパンの稲葉篤紀監督は4番に巨人の岡本和真内野手を起用。先発マウンドには、ナゴヤドームを本拠地とする中日の笠原祥太郎投手が上がる。

侍ジャパン・岡本和真【写真:Getty Images】
侍ジャパン・岡本和真【写真:Getty Images】

先発マスクは西武の森友哉

■侍ジャパン – MLBオールスター(15日・ナゴヤドーム)

柳田悠岐は「スケールが違う」 日米野球で侍ジャパンの選手の明暗を分けた国際試合の「対応力」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが戦う「2018日米野球」は15日、ナゴヤドームで最終戦となる第6戦を戦う。ここまで4勝1敗とし勝ち越しを決めた侍ジャパンの稲葉篤紀監督は4番に巨人の岡本和真内野手を起用。先発マウンドには、ナゴヤドームを本拠地とする中日の笠原祥太郎投手が上がる。

 侍ジャパンのスタメンは以下の通り。

【侍ジャパン】
1(中)秋山
2(二)菊池
3(DH)柳田
4(三)岡本
5(右)上林
6(一)山川
7(捕)森
8(左)外崎
9(遊)源田
投手 笠原

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」