野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ荻野、最年長外野手で迎える10年目への思い 「背中で見せられるように」

「途中で離脱してしまったので、申し訳なかったなというのがあります」。プロ9年目の2018年シーズンをこう総括した千葉ロッテの荻野貴司外野手。毎年のように故障で離脱し、2016年オフには背番号を「4」からケガがゼロになればいいと思いを込めて「0」に変更した。翌2017年は大きな故障もなく1年を過ごしたが、打撃不振でファーム落ちした時期もあり、シーズンを通して1軍で過ごすことはできなかった。

ロッテ・荻野貴司【画像:(C)PLM】
ロッテ・荻野貴司【画像:(C)PLM】

前半戦はリードオフマンとして奮闘

「途中で離脱してしまったので、申し訳なかったなというのがあります」。

【PR】“2020主役は誰だ?”「キャンプキャラバン」を配信中! プロ野球を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 プロ9年目の2018年シーズンをこう総括した千葉ロッテの荻野貴司外野手。毎年のように故障で離脱し、2016年オフには背番号を「4」からケガがゼロになればいいと思いを込めて「0」に変更した。翌2017年は大きな故障もなく1年を過ごしたが、打撃不振でファーム落ちした時期もあり、シーズンを通して1軍で過ごすことはできなかった。

 しかし、井口資仁監督が就任し“機動力野球”を掲げた今年は、開幕から不動のリードオフマンとして打線をけん引した。「塁に出ればチームに勢いがつくので、積極的にいきつつも、しっかり塁に出ることを考えてやっています」。

 78試合に出場して第1打席に25度出塁し、そのうち得点につながったケースは18度、荻野貴自身のホーム生還は17度。初回の第1打席に出塁すると、7割以上の確率で得点に結びついた計算になる。

 トップバッターとして数多くの得点を演出し、5月31日の東京ヤクルト戦から6月7日の中日戦にかけて7試合連続マルチ安打をマークするなど好調をキープしながら、「上手くいっているときもあれば、僕がなかなか塁に出られないときもあったりした」と反省の言葉を口にする。「その調子の善し悪しを少なくできれば、もうちょっと良い方向にいったのではないかなと思います。そこが課題だと思います」。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」