野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 2018年パ6球団の2つの“誤算” 移籍で輝いた左腕、和製大砲の不振…

2018年パ6球団の2つの“誤算” 移籍で輝いた左腕、和製大砲の不振…

野球界における「誤算」という言葉は、多くの場合期待に応えられなかった選手に対して使われる。ただし、その前にポジティブな言葉がつけば話は別だ。今回は2018年シーズンを通じて、各球団にとって「うれしい誤算」となった選手と、来季以降の復活が期待される選手たちを紹介していく。

オリックス・比嘉(左)、ソフトバンク・加治屋【画像:(C)PLM】
オリックス・比嘉(左)、ソフトバンク・加治屋【画像:(C)PLM】

楽天の田中は18本塁打を放つなど今季大ブレーク

 野球界における「誤算」という言葉は、多くの場合期待に応えられなかった選手に対して使われる。ただし、その前にポジティブな言葉がつけば話は別だ。今回は2018年シーズンを通じて、各球団にとって「うれしい誤算」となった選手と、来季以降の復活が期待される選手たちを紹介していく。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

〇北海道日本ハム
【うれしい誤算】
石川直也投手
昨季成績:37試合 49.2回0勝1敗7ホールド 防御率4.35
今季成績:52試合 48.2回1勝2敗18ホールド19セーブ 防御率2.59

 石川直は、まだ21歳ながら守護神に抜擢されて開幕を迎えた。序盤は失点して涙を流す姿が話題となったが、配置転換や登録抹消などを経験し、リリーフ陣の柱へと急成長。ポストシーズンでも危なげなくセーブを記録するなど、心身の両面において大きな飛躍を遂げたシーズンとなったことだろう。

【復活に期待】
松本剛内野手
昨季成績:115試合 402打数110安打5本塁打33打点 打率.274
今季成績:54試合 126打数28安打1本塁打9打点 打率.222

 昨季ブレイクを果たして外野のレギュラーを獲得した松本だったが、今季は深刻な打撃不振にあえいだ。復調を感じさせる時期もあったが、一度手にしかけたレギュラーの座を手放す形に。まだ25歳と若いだけに、来季以降の巻き返しが期待される。

〇東北楽天
【うれしい誤算】
田中和基外野手
昨季成績:51試合 54打数6安打1本塁打2打点 打率.111
今季成績:105試合 423打数112安打18本塁打45打点 打率.265

 ルーキーイヤーの昨季は、代走や守備要員としての出場が主だったが、今季は打撃面でもその潜在能力を発揮。長打力と俊足、守備力を兼ね備え、新人王候補に挙げられるブレイクを果たした。走攻守のすべてにおいて、スケールの大きさを感じさせる24歳。その存在を全国の野球ファンに知らしめる1年となったと言える。

【復活に期待】
福山博之投手
昨季成績:65試合 59.2回6勝0敗23ホールド7セーブ 防御率1.06
今季成績:21試合 21.1回1勝2敗3ホールド 防御率6.75

 4年連続で65試合以上に登板して、防御率2点台以下という抜群の安定感を誇っていた福山だが、今季7月以降は1軍マウンドからも遠ざかることに。ファンからの人気も高い「サブちゃん」の復活を、東北の人々は心待ちにしている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」