野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

背番号「46」のまま奮闘中 鷹・本多コーチが描くコーチ像「ずっと勉強」

今季限りで現役を引退し、いきなり1軍内野守備走塁コーチに抜擢された本多雄一。秋季キャンプが行われている宮崎で、まだ新しい背番号のユニフォームが届かない中、おなじみの背番号「46」のまま新米コーチとして奮闘中だ。

ノッカーを務めたソフトバンク・本多コーチ【写真:藤浦一都】
ノッカーを務めたソフトバンク・本多コーチ【写真:藤浦一都】

「言葉一つで選手をダメにするかもしれない」

 今季限りで現役を引退し、いきなり1軍内野守備走塁コーチに抜擢された本多雄一。秋季キャンプが行われている宮崎で、まだ新しい背番号のユニフォームが届かない中、おなじみの背番号「46」のまま新米コーチとして奮闘中だ。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「腰が上がっとるぞ!」「はい、もう1丁頑張れ!」。そんな威勢のいい言葉が、内野守備練習が行われている夕方のサブグラウンドに響く。声の主は、この秋季キャンプから指導者として新たなスタートを切った本多コーチだ。

 10日に1軍内野守備走塁コーチ就任会見を行って以降「小学校の頃から左打ちだった」という本多コーチは、打球の質の偏りを防ぐため慣れない右打ちにも挑戦。右打ちノックが弱いハーフライナーになり「あ、ごめん」「許して」と苦笑いすると、練習を見守るファンから「コーチ、頑張れ」の声も上がっていた。

 指導者となってわずか数日ではあるが「いろんな選手がいるので、本当に個性が一人ひとり違うんだなということを改めて感じています」という。

「だからこういう(プロ野球という)世界なんですけどね。選手たちが少しでも前向きな姿勢でやってくれるので教え甲斐もあるし、逆に言うとこちらがハッと気づかされることもあります」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」