野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 【日米野球】MLB選抜が驚愕した侍Jの「スプリットとチェンジアップ」 建山Cを質問攻め

【日米野球】MLB選抜が驚愕した侍Jの「スプリットとチェンジアップ」 建山Cを質問攻め

野球日本代表「侍ジャパン」と「2018日米野球」を戦ったMLBオールスターチーム。その投手コーチを務めたブレント・ストラム氏が、15日の第6戦の試合前、通訳を伴って歩み寄ったのが、侍ジャパンの建山義紀投手コーチの元だった。その目的は、ずばり「よりよいスプリットとチェンジアップの投げ方を教えてもらおうと思って」。そして、そのスプリットとチェンジアップを伝授する相手は、意外なベテラン投手だという。

侍ジャパン・建山義紀投手コーチ【写真:Getty Images】
侍ジャパン・建山義紀投手コーチ【写真:Getty Images】

70歳のアストロズ投手コーチ、侍投手陣の変化球に「何かコツがあるんじゃないかと」

 野球日本代表「侍ジャパン」と「2018日米野球」を戦ったMLBオールスターチーム。その投手コーチを務めたブレント・ストラム氏が、15日の第6戦の試合前、通訳を伴って歩み寄ったのが、侍ジャパンの建山義紀投手コーチの元だった。その目的は、ずばり「よりよいスプリットとチェンジアップの投げ方を教えてもらおうと思って」。そして、そのスプリットとチェンジアップを伝授する相手は、意外なベテラン投手だという。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ストラム投手コーチは2014年からアストロズの投手コーチに就任。2017年にワールドシリーズ制覇を果たしたチームの屋台骨とも言える投手陣を支えている。今年で70歳を迎えたストラム投手コーチは、メジャーの現役投手コーチの中では最年長だが「常に学ぶ姿勢は持ち続けていたいんだ」と、今回の日米野球にも大いなる好奇心を持って参加した。

 そして、侍ジャパンのピッチングを目の当たりにし、驚かされたのが「スプリットとチェンジアップの精度の高さ」だという。「何かコツがあるんじゃないかと思うんだ。これから日本の投手コーチに、その秘訣を聞いてくるよ」と意気込んで、打撃練習中に建山投手コーチの元に向かうと、通訳を交えながら10分以上にもわたり質問攻めにした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」