野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 鷹の16年ドラ1右腕がダウン、ハムの東大出身・宮台はアップ…19日の主な契約更改

鷹の16年ドラ1右腕がダウン、ハムの東大出身・宮台はアップ…19日の主な契約更改

プロ野球では19日、複数の球団で契約更改交渉が行われた。主だったところでは、ソフトバンクの2016年ドラフト1位田中正義投手が交渉を行い、2年連続のダウンとなる50万円減の1400万円でサインした。

契約更改に臨んだソフトバンク・田中正義【写真:藤浦一都】
契約更改に臨んだソフトバンク・田中正義【写真:藤浦一都】

今季10試合に登板した田中正義は50万円減の1400万円に

 プロ野球では19日、複数の球団で契約更改交渉が行われた。主だったところでは、ソフトバンクの2016年ドラフト1位田中正義投手が交渉を行い、2年連続のダウンとなる50万円減の1400万円でサインした。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 今季2年目を迎えた田中は、中継ぎとして初の開幕1軍入り。序盤に10試合に登板したものの、徐々に打ち込まれる試合が増えて降格。その後はファーム暮らしが続いた。今季1軍デビューを果たし初安打も放った川瀬晃内野手は100万円増の550万円で更改し、古谷優人投手は現状維持の700万円、今季途中にトレードで広島から加入した美間優槻内野手は100万円アップの650万円で契約を更改した。

 日本ハムでは東大出身のドラフト7位ルーキー宮台康平投手が20万円増の770万円で契約を更改。東大出身では6人目となるプロ入りを果たした左腕。故障に苦しむこととなった1年目だが、8月23日のソフトバンク戦でプロ初登板初先発を果たした。

 また巨人はこの日、若手や育成選手を中心に30選手と契約を更改したことを発表している。(金額は全て推定)

【ソフトバンク】
古谷優人投手 700万円→700万円
川瀬晃内野手 450万円→550万円
田中正義投手 1450万円→1400万円
美間優槻内野手 550万円→650万円

【日本ハム】
宮台康平 750万円→770万円

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」