野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 日本球界入り噂の右腕ターナーが韓国KIAと契約合意 韓国メディア報じる

日本球界入り噂の右腕ターナーが韓国KIAと契約合意 韓国メディア報じる

米タイガースからフリーエージェント(FA)となっている右腕ジェイコブ・ターナーが、韓国プロ野球のKIAタイガースと契約合意に達したという。韓国メディア「Naver Sports」が報じている。日本のプロ球団も獲得興味を示していたというターナーだが、来季は韓国で新たなキャリアをスタートさせるようだ。

韓国の起亜タイガースとの契約合意が報じられているジェイコブ・ターナー【写真:Getty Images】
韓国の起亜タイガースとの契約合意が報じられているジェイコブ・ターナー【写真:Getty Images】

メジャー8年目の27歳、今季は2球団で5試合に登板

 米タイガースからフリーエージェント(FA)となっている右腕ジェイコブ・ターナーが、韓国プロ野球のKIAタイガースと契約合意に達したという。韓国メディア「Naver Sports」が報じている。日本のプロ球団も獲得興味を示していたというターナーだが、来季は韓国で新たなキャリアをスタートさせるようだ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 27歳右腕は2009年ドラフト1巡目(全体9位)でタイガースに指名された超有望株だった。2011年にメジャーデビューを果たしたが、翌年マーリンズにトレード移籍。大型先発として期待されたが活躍できず、2014年にはカブスへトレードされた。その後、ホワイトソックス、ナショナルズ、マーリンズ、タイガースでプレーしたが、通算102試合に投げ(56先発)、14勝31敗、防御率5.37の成績だった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」