野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリのドラ2ルーキーK-鈴木の現在地 悔しい1年目とアジアWLへの決意

オリックスのK-鈴木(鈴木康平)投手は1年目の今シーズン、即戦力として期待されたが一軍では4試合の登板で勝ち負けなし、7回1/3を投げて防御率8.59。その登録名の通り、奪三振を期待されながらも2奪三振という成績だった。だが、ファームでは前半はリリーフ、後半は先発として活躍。ウエスタン・リーグ公式戦では26試合に登板し、3勝4敗、防御率2.85と結果を残した。

オリックス・K-鈴木【写真:PLM石橋達之】
オリックス・K-鈴木【写真:PLM石橋達之】

下半身の強化、変化球の制球が課題

 オリックスのK-鈴木(鈴木康平)投手は1年目の今シーズン、即戦力として期待されたが一軍では4試合の登板で勝ち負けなし、7回1/3を投げて防御率8.59。その登録名の通り、奪三振を期待されながらも2奪三振という成績だった。だが、ファームでは前半はリリーフ、後半は先発として活躍。ウエスタン・リーグ公式戦では26試合に登板し、3勝4敗、防御率2.85と結果を残した。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 またシーズン終了後に行われたフェニックス・リーグでは韓国球団を相手に6回無失点9奪三振の好投を見せ、西村徳文新監督へのアピールにも成功した。23年ぶりのリーグ制覇、日本一へ投手陣のキーマンとなりそうな右腕は24日から台湾で開幕される「2018年アジアウインターベースボールリーグ(AWB)」にも参戦し、己を磨こうとしている。そんなK-鈴木に秋季キャンプ中に話を聞いた。

―秋季キャンプでの課題は?

「年間を通して戦うための体の強さが足りないと感じたので、下半身を強化しています。上半身ではなく、下半身で投げることをもっと意識すれば長いイニングも楽に投げられると思うので、まず下半身の強化に取り組んでいます」

―プロ入り前に思っていた自分の強みと、プロ入りした後のギャップで一番大きかったのは?

「社会人ではある程度真っすぐで通用した部分がありましたが、プロのレベルになるとバッターのレベル、対応力が違うのでコントロールが一番大事だと痛感しました」

―1軍と2軍を経験しましたが違いはどこに感じた?

「1軍のバッターは、際どいコースを見極めてファームなら振ってくれる場所を振ってこない。あと、コースを外れても球威があるボールでファームでは抑えられたのですが、1軍の選手になるとそういうボールでも少しのズレで打たれる。そこが1軍と2軍の違いです」

―5月19日の西武戦で1軍初登板。いきなり無死一、二塁のピンチを招いた。

「負けていた場面だったので、『もう思い切っていこう、自分のあるべき姿を見せよう』と思いました。二塁打と四球で走者を出したものの、その後を抑えました。ただ、そこで交代してしまったので、いい気分ではなかったですね」

―8月21日に、楽天生命パークでプロ初先発。事前の準備などは?

「気持ちが高ぶって、すごく緊張しましたが、(4回を投げて被安打7、4失点と)内容的にも全然ダメでしたね」

―逆に今シーズン、自信がついたプレー、瞬間は?

「フェニックス・リーグは良かったですね。力を入れるところは入れて、抜くところは抜いて抑えられた。その中で自分の投球はつかめてきました。あと、キャッチャーと『今日はどんな球がいいか』という話をして、それを実践できました。『真っすぐを待っていない』と思ったら真っすぐを投げ、『真っすぐを待っている』と思ったら、変化球を投げることができました。自分の投球の幅も見つかりましたし、バッターの反応を見ながらの投球は来年につながると思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」