野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 楽天
  • 楽天から戦力外の聖澤が現役引退表明「悔いなく終われる」 伊志嶺も引退表明

楽天から戦力外の聖澤が現役引退表明「悔いなく終われる」 伊志嶺も引退表明

楽天から戦力外通告を受けていた聖澤諒外野手と伊志嶺忠捕手が23日、今季限りでの現役引退を表明した。楽天生命パーク宮城で行われたファン感謝イベントに参加した2人は、ファンに直接、自身の決意を報告した。

楽天・聖澤諒【写真:荒川祐史】
楽天・聖澤諒【写真:荒川祐史】

ファン感謝イベントのセレモニーでファンに直接報告

 楽天から戦力外通告を受けていた聖澤諒外野手と伊志嶺忠捕手が23日、今季限りでの現役引退を表明した。楽天生命パーク宮城で行われたファン感謝イベントに参加した2人は、ファンに直接、自身の決意を報告した。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 2007年大学生・社会人ドラフト4巡目で国学院大から楽天に入団した聖澤は、プロ1年目から1軍戦に出場。2010年に初の開幕スタメンをつかむとレギュラー外野手として定着し、2012年には54盗塁を決めて盗塁王のタイトルを獲得した。プロ12年目を迎えた今季は27試合の出場にとどまり、シーズン終了後に戦力外通告を受けていた。

 同年の大学生・社会人ドラフト3巡目で東京情報大から楽天入りした伊志嶺は、プロ1年目に1軍デビューを果たし、2011年には嶋基宏に次ぐ捕手の座を手に入れたが、キャリアを通じて1軍と2軍を行き来することが多かった。

 聖澤は「プロで試合に出られるのか不安だったが、1000試合もプレーできた。自分の力を120パーセント以上発揮し、悔いなく終わることができる」とファンに報告。伊志嶺は「決して華やかではなかったが、日本一を経験できたことを誇りに思う」と現役生活に幕を下ろした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」