野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

菊池雄星はどこへ? 米ファン予想の1位はエース不在の西海岸球団

今オフ、西武からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す菊池雄星投手。近くポスティング申請の手続きが行われる見込みで、まもなく正式にメジャー球団による入札がスタートする。日本球界を代表する左腕には複数球団が獲得へ意欲を見せており、争奪戦となることは必至だ。

西武・菊池雄星【写真:荒川祐史】
西武・菊池雄星【写真:荒川祐史】

米読者アンケートでは、1位に先発補強急務のパドレス

 今オフ、西武からポスティングシステムを利用してメジャー移籍を目指す菊池雄星投手。近くポスティング申請の手続きが行われる見込みで、まもなく正式にメジャー球団による入札がスタートする。日本球界を代表する左腕には複数球団が獲得へ意欲を見せており、争奪戦となることは必至だ。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 米最大の移籍情報サイト「トレード・ルーモア」では、菊池をはじめ今オフの去就が注目されるマカッチェン(ヤンキースFA)、ドナルドソン(インディアンスFA)ら有力選手の新天地を予想する読者アンケートを実施。18日(日本時間19日)に締め切られ、菊池の新天地予想トップ10が公開された。

 1位は、読者予想で18.8%を集めたパドレスだ。今季7勝、通算68勝を挙げている左腕リチャード、今季8勝を挙げた25歳左腕ルチェッシらがいるものの、絶対的エースが不在。06年以来の地区優勝を目指す来季へ向け、先発投手の補強は急務となっている。野茂英雄氏、斎藤隆氏らが日本人スタッフも豊富。牧田和久はマイナー契約となったものの、西武時代の先輩は公私ともにいい相談相手となりそうだ。

 2位は、12.0%だったマリナーズ。来年3月20、21日に7年ぶりに日本で開幕戦を行うチームは、エース左腕パクストンをヤンキースへトレード放出したばかり。今季正捕手だったズニーノもレイズへトレード放出し、01年以来の地区Vへ抜本的な血の入れ替えを行っている最中だ。今年5月から会長付特別補佐だったイチローも、来春のスプリングトレーニングには招待選手として参加し、日本開幕戦での出場が期待されている。イチローとのコンビ結成ともなれば、来季開幕戦の目玉となりそうだ。

 3位には、読者から11.5%の支持を集めたドジャースが入った。花巻東高時代に面接に臨み、菊池は絶対的エース左腕カーショーのファンを公言。チームの先発投手はカーショーをはじめ、ビューラー、柳賢振、ヒル、前田健太らと豊富に揃っており、高額な資金をつぎ込むことは考えにくいが、リーグ7連覇へ菊池獲りに動く可能性は十分だ。

 4位以降は花巻東高の後輩、大谷翔平が所属するエンゼルス(9.7%)、高校時代に面接に臨んだジャイアンツ(4.8%)、田中将大のいるヤンキース(4.5%)、レッドソックス(4.4%)、フィリーズ(3.4%)、レンジャーズ(3.2%)と並んだ。いずれにしても先発左腕の市場での人気は高いだけに、この先どの球団が本格的に獲得へ乗り出してもおかしくない。菊池争奪戦の行方から目が離せない。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」