世界の福本も認めた“甲斐キャノン” 名球会の俊足選手たちが語る盗塁成功のカギ

ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐拓也【写真:藤浦一都】

柴田、福本、秋山、荒木が見るホークス甲斐拓也とは

 文字通り、まさに日本球界のトップ・オブ・ザ・トップスである「日本プロ野球名球会」。日米で活躍したレジェンドたちが24日、東京ドームに集結した。

「名球会ベースボールフェスティバル2018」

 新旧の名選手が集った場所で、夢のある質問を投げかけてみた。1回目は「“甲斐キャノン”ことソフトバンク甲斐拓也から盗塁を成功させるには……?」だ。

 打者なら2000本安打、投手なら200勝、250セーブ。日米で数字を積み重ねてきた誉れ高きメンバーは、現在65名。日本野球の未来へ向け、その名球会が24日、東京ドームにおいて野球教室、セ・パ対抗戦などを開催し、約3万人のファンを楽しませた。

 野球人気の低下などが叫ばれるが、いまだ野球は国民的スポーツとして健在だ。イベントには王貞治氏(現ソフトバンク会長)や張本勲氏などの大物OB、野茂英雄氏や黒田博樹氏などのMLB経験者。そして阿部慎之助(巨人)や福浦和也(ロッテ)などの現役まで、ビッグネームが多数参加した。

 各選手たちの輝かしい成績などは、様々な場所で山ほど語られている。ならば、ということで、大物レジェンドたちに、夢のある対戦をシミュレートしてもらった。

通算579盗塁の柴田勲氏「諦めて走るか、最初から無理しないだろうね」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY