野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 大物選手を積極補強、80年代はクロマティが活躍…歴代外国人選手診断【巨人編】

大物選手を積極補強、80年代はクロマティが活躍…歴代外国人選手診断【巨人編】

NPBでは今季も外国人選手の活躍が目立った。外国人選手は、1936年の日本プロ野球開始時から在籍していた。その総数は、なんと1200人に達しようとしている。その中から、これまで各球団に所属した全外国人選手の中から、最も成功した外国人選手を振り返っていきたい。

MLBエクスポズでも活躍したウォーレン・クロマティ氏【写真:Getty Images】
MLBエクスポズでも活躍したウォーレン・クロマティ氏【写真:Getty Images】

外国人投手最多勝利はスタルヒンの199勝

 NPBでは今季も外国人選手の活躍が目立った。外国人選手は、1936年の日本プロ野球開始時から在籍していた。その総数は、なんと1200人に達しようとしている。その中から、これまで各球団に所属した全外国人選手の中から、最も成功した外国人選手を振り返っていきたい。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 まずは、巨人から見てみよう。戦前の日本統治下の台湾人選手は含まない。

○巨人の外国人選手 安打数10傑

1与那嶺要 1308安打(1951-1960)
2クロマティ 951安打(1984-1990)
3ラミレス 666安打(2008-2011)
4宮本敏雄 610安打(1955-1962)
5李スンヨプ 421安打(2006-2010)
6ホワイト 348安打(1980-1982)
7マギー 307安打(2017-2018)
8シピン 302安打(1978-1980)
9マック 273安打(1995-1996)
10Tローズ 241安打(2004-2005)

○本塁打数5傑

1クロマティ 171本塁打(1984-1990)
2ラミレス 148本塁打(2008-2011)
3李スンヨプ 100本塁打(2006-2010)
4与那嶺要 81本塁打(1951-1960)
5宮本敏雄 79本塁打(1955-1962)

○勝利数10傑

1スタルヒン 199勝(1936-1944)
2ガルベス 46勝(1996-2000)
3グライシンガー 31勝(2008-2011)
4マイコラス 31勝(2015-2017)
5ゴンザレス 27勝(2009-2012)
6マシソン 25勝(2012-2018)
7ライト 22勝(1976-1978)
8メイ 22勝(2000-2001)
9ガリクソン 21勝(1988-1989)
10ホールトン 21勝(2012-2013)

○セーブ数5傑

1クルーン 93セーブ(2008-2010)
2マシソン 53セーブ(2012-2018)
3カミネロ 40セーブ(2017-2018)
4サンチェ 28セーブ(1986-1987)
5マリオ 19セーブ(1996)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」