野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

美貌、ダンスで魅了する台湾チア・ラミガールズ 7年目のリーダーは親日家

今シーズンCPBL(台湾プロ野球リーグ)を制し、2年連続台湾一に輝いたラミゴモンキーズ。日本ハムがポスティングにより交渉権を獲得した王柏融(ワン・ボーロン)外野手が所属していることでも知られており、オフにはロッテと交流試合も行うなど日本との友好関係も深めている。そのラミゴモンキーズのチア「ラミガールズ」は美女揃いだ。そこで、ラミガールズの素顔を紹介する。

ラミガールズリーダーの倪暄(Eli)さん【写真:篠崎有理枝】
ラミガールズリーダーの倪暄(Eli)さん【写真:篠崎有理枝】

日本ハムが交渉権を獲得した王柏融が所属するラミゴのチア

 今シーズンCPBL(台湾プロ野球リーグ)を制し、2年連続台湾一に輝いたラミゴモンキーズ。日本ハムがポスティングにより交渉権を獲得した王柏融(ワン・ボーロン)外野手が所属していることでも知られており、オフにはロッテと交流試合も行うなど日本との友好関係も深めている。そのラミゴモンキーズのチア「ラミガールズ」は美女揃いだ。そこで、ラミガールズの素顔を紹介する。

 ラミガールズは、ダンスや歌のオーディションで選ばれ、いかにセクシーにダンスを踊れるかが重要だ。人数は現在21人。学生や一般企業で働いているラミガールズもいる。応募の条件はなく、かわいく元気があれば年齢制限もないが、ラミガールズの年齢は非公開。任期も決められていないが、結婚したら引退しなければならない。

 1回目は日本語、英語も話せるリーダーの倪暄(Eli)さん。チーム名が「ラミゴモンキーズ」に変わった2011年からのメンバーで、今年で7年目。台湾南部の都市、高雄の出身で、学生時代からアルバイトでラミゴモンキーズの前進「ラニューベアーズ」のチアメンバーとして活動していた。

 リーダーとして総勢21人のラミガールズをまとめるが、一番注意していることは「全員のダンスが揃っているか」だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」