野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

阪神は外国人補強が上手い? 近年はイマイチも、球史に名を残す歴代助っ人

阪神は元来、外国人選手の“選球眼”が良いチームだと言っていいのではないだろうか。草創期から、球史に残る活躍をした外国人選手を獲得してきた。歴代の阪神の外国人選手の数字を見ていこう。戦前の日本統治下の台湾人選手は含まない。

歴代勝利数でも3位につける阪神のランディ・メッセンジャー【写真:荒川祐史】
歴代勝利数でも3位につける阪神のランディ・メッセンジャー【写真:荒川祐史】

草創期の阪神を牽引した若林忠志と田中義雄のバッテリー

 阪神は元来、外国人選手の“選球眼”が良いチームだと言っていいのではないだろうか。草創期から、球史に残る活躍をした外国人選手を獲得してきた。歴代の阪神の外国人選手の数字を見ていこう。戦前の日本統治下の台湾人選手は含まない。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 阪神戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

〇阪神の外国人選手、安打数10傑
1マートン1020安打(2010-2015)
2バース743安打(1983-1988)
3ラインバック598安打(1976-1980)
4カークランド559安打(1968-1973)
5オマリー548安打(1991-1994)
6シーツ463安打(2005-2007)
7ブラゼル433安打(2009-2012)
8ゴメス420安打(2014-2016)
9田中義雄400安打(1937-1944)
10ソロムコ369安打(1960-1963)

〇本塁打数5傑
1バース202本塁打(1983-1988)
2カークランド126本塁打(1968-1973)
3アリアス95本塁打(2002-2004)
4ラインバック94本塁打(1976-1980)
5ブラゼル91本塁打(2009-2012)

〇投手勝利数10傑
1若林忠志233勝(1936-1949)
2バッキー100勝(1962-1968)
3メッセンジャー95勝(2010-)
4キーオ45勝(1987-1990)
5スタンリッジ35勝(2010-2013)
6郭李建夫27勝(1993-1998)
7ムーア20勝(2002-2003)
8ゲイル18勝(1985-1986)
9ウィリアムス16勝(2003-2009)
10アッチソン12勝(2008-2009)

〇セーブ数 5傑
1呉昇桓 80セーブ(2014-2015)
2ドリス77セーブ(2016-2018)
3ウィリアムス47セーブ(2003-2009)
4リベラ39セーブ(1998-1999)
5バルデス22セーブ(2002)

 戦前、巨人と覇権を争った阪神のエースは、ハワイ出身の日系アメリカ人の若林忠志だった。若林は阪神、毎日で投げて237勝を挙げたが、200勝投手の中では最も奪三振率が低い。「7色の変化球」と言われる多彩な球種で打たせて取る投法だった。この若林とバッテリーを組んだのもハワイ出身の日系アメリカ人、田中義雄。「カイザー田中」と呼ばれ、勝負強い打撃でも貢献した。若林、田中ともに阪神の監督を務めている。田中義雄は巨人の長嶋茂雄が阪神の村山実から天覧ホームランを1959年当時の阪神監督だった。いわば、草創期の阪神は外国人選手が引っ張っていたとも言えそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」