野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

折れない挑戦の心―フィンランドから独立Lトライアウト挑戦「日本野球が憧れ」

11月22日、ルートインBCリーグと四国アイランドリーグPlusの両独立リーグでドラフト会議が開催された。それに先駆け、17日と18日の両日、史上初となる両リーグ合同トライアウトを開催した。約200名を数えた受験者の中には、ジャパニーズドリームを掴もうと海を渡ってきた選手の姿もあり、北欧フィンランドの代表チームで戦う2選手も参加していた。

独立リーグのトライアウトに参加したメサ(左)とメナ【写真:豊川遼】
独立リーグのトライアウトに参加したメサ(左)とメナ【写真:豊川遼】

フィンランド国内リーグには5チームが所属

 11月22日、ルートインBCリーグと四国アイランドリーグPlusの両独立リーグでドラフト会議が開催された。それに先駆け、17日と18日の両日、史上初となる両リーグ合同トライアウトを開催した。約200名を数えた受験者の中には、ジャパニーズドリームを掴もうと海を渡ってきた選手の姿もあり、北欧フィンランドの代表チームで戦う2選手も参加していた。

 毎年、トライアウトには海外からも参加選手がやってくる。1次試験は主に50メートル走や遠投など基礎的なテスト、そして2次試験では試合形式の実践テストが行われる。今回のトライアウトに参加した、フィンランド代表のアンドレス・メナ=ゲラ内野手(写真右/以下メナ)とホセ・メサ=マルティネス捕手(以下メサ)に話を聞いた。

 元々キューバ出身の2人は、亡命してフィンランドに移住。それぞれ仕事をしながら野球を続けている。メナは31歳で本職は遊撃だが、内野ならどこでも守ることができる。今回のテストには二塁手として参加した。最大の武器はパワフルな打撃だ。一方のメサは強肩とミート力が武器で、中堅から右方向にライナー性の打球を連発する。メナにとってトライアウト受験は2度目、メサは初挑戦だという。

 フィンランドでは、サッカーやF1が人気スポーツだ。その他、ペサパッロという野球に似た競技も人気が高く、国技になっているという。野球自体はまだマイナーな競技で、世界野球ソフトボール連盟が発表している世界ランキングでは56位(日本は2位)。それでも国内トップリーグには全5チームが所属し、1チーム16試合を戦う小規模なリーグ戦が行われている。その中でメナは今季打率.465、4本塁打、39打点、メサは打率.563、1本塁打、13打点の好成績を残しており、フィンランド代表チームでも堂々の主力となっている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」