野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリのドラ4左腕は14人兄弟の三男坊 高校時代に指名漏れ乗り越えた家族への想い

今年のドラフト会議でオリックスから4位指名を受けたトヨタ自動車の左腕・富山凌雅投手は14人兄弟の大家族だ。家族を楽にさせたいという思いから、高校3年時にプロ志望届を提出したが、指名漏れを経験。社会人のトヨタ自動車を経て、念願のプロ入りを掴んだ。28日には入団交渉を行い契約金4500万円、年俸1000万円で合意。背番号は「28」に決まった。

インタビューに応じたオリックスからドラフト4位指名を受けた富山凌雅【写真:篠崎有理枝】
インタビューに応じたオリックスからドラフト4位指名を受けた富山凌雅【写真:篠崎有理枝】

念願のプロ入りを掴んだ富山凌雅、指名漏れ経験の高校時代は「甘かった」

 今年のドラフト会議でオリックスから4位指名を受けたトヨタ自動車の左腕・富山凌雅投手は14人兄弟の大家族だ。家族を楽にさせたいという思いから、高校3年時にプロ志望届を提出したが、指名漏れを経験。社会人のトヨタ自動車を経て、念願のプロ入りを掴んだ。28日には入団交渉を行い契約金4500万円、年俸1000万円で合意。背番号は「28」に決まった。

 富山は和歌山県出身。兄弟は姉3人、兄2人、弟8人。野球チームに入っていた兄と姉の影響で5歳の時から野球を始めた。中学生の時にセンバツで準優勝した九州国際大付属高に憧れ、地元を離れ同校に進学。2年夏の甲子園では1回戦に先発。3年夏は準々決勝で敗退したものの、先発を含む全4試合に登板し、3回戦の対作新学院戦では完封勝利を収めた。

 その後、プロ志望届を提出したが指名漏れ。卒業後は社会人の名門、トヨタ自動車に入社した。

「指名漏れは、そんなに悔しいとは思いませんでした。もともと選ばれても下位と言われていたし『選ばれないんだろうな』と思っていました。高校の監督からも、志望届を出さずにトヨタに行けと言われていました。プロに行きたかったけど、近道はなかった。自分は甘かったなと思いました」

 3年後の上位指名を目指した富山は、2年目の日本選手権2回戦に先発し6回途中2失点、準決勝では8回表までを3安打無失点に抑える好投を見せ注目を集める。しかし、その後は調子を落とし、今年の都市対抗野球大会でも登板の機会はなかった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」