野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3年目で“1軍完走”も…ロッテ平沢が激白「自分でつかみ取ったわけではない」

日々の練習の成果が「結果」として徐々に表れ始め、3年目の今季は自己最多の112試合に出場したロッテの平沢大河内野手。出場機会を増やすため、本職のショートへの思いを一旦封印して、外野にも挑戦した。1年間、1軍という戦場でプレーした20歳の表情は、どこか逞しくなったようにも見える。

福浦から打撃の指導を受ける平沢大河【写真:(C)PLM】
福浦から打撃の指導を受ける平沢大河【写真:(C)PLM】

1軍完走も「自分でつかみ取ったわけではない」

 日々の練習の成果が「結果」として徐々に表れ始め、3年目の今季は自己最多の112試合に出場したロッテの平沢大河内野手。出場機会を増やすため、本職のショートへの思いを一旦封印して、外野にも挑戦した。1年間、1軍という戦場でプレーした20歳の表情は、どこか逞しくなったようにも見える。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 そんな平沢にとって、今季「ターニングポイント」となったプレーとはどこなのか。また、今季はどんなシーズンだったのか、秋季キャンプ中に話を聞いた。

――プロ3年目の今季は、どのようなシーズンでしたか?

「ずっと内野でしたが、外野で試合に出させてもらって非常に貴重な経験をさせてもらいました。今年の経験を来年以降に生かすために、オフを過ごしていきたいです」

――今季は1年間1軍に帯同しました。

「それは自信になりましたが、自分でつかみ取ったわけではなく、『(1軍に)いさせてもらった』というのが正直なところ。来年以降は自分で1軍をつかみ取りたいです」

――ナイターの日は10時30分に球場入りし、試合後も1時間近く打撃練習をしていました。

「打撃以外にウエートトレーニングもやっていたのですが、金森前打撃コーチに『やるぞ!』と言われていました。やらなきゃいけない立場だったので、最初は金森さんについてもらっていましたが、途中からは自分で考えてやるようになり、そこから良い結果が出始めた。やって良かったなと思います」

――そこまでご自身を追い込んだ理由は?

「僕は内野の登録ですが、外野で試合に出してもらっている以上は、責任を持ってやらなければいけない。(外野手起用に)しっかり応えるためにも練習はしていましたね」

――今年「ターニングポイント」になった試合はどこですか?

「サヨナラヒットを打った『6月17日の巨人戦』です」

――この日は5月24日の日本ハム戦以来のスタメン出場でした。

「なんとか結果を出そうと思っていたので、最高の形になって良かったです。先輩方がチャンスでつないでくれましたし、僕はおいしいところが来たなと思って打席に立ちました。サヨナラ打は初めてで、いつも(ヒーローの)選手を出迎える側だったので、先輩が来てくれてうれしかったです。勝って良かったなと思って(ハイタッチを)していました」

――「ターニングポイント」に挙げた理由は?

「キャンプからずっと、打撃の基本的なことを金森さんとやってきた。それが出て良かったですし、あの試合からスタメンで出る試合が増えた。そこが大きかったですね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」