野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • インディアンス右腕、自らの市場価値を熱弁「僕をトレードするなら2020年」

インディアンス右腕、自らの市場価値を熱弁「僕をトレードするなら2020年」

インディアンスの先発右腕、トレバー・バウアー投手が、自らの“市場価値”について熱弁をふるった。

インディアンスのトレバー・バウアー【写真:Getty Images】
インディアンスのトレバー・バウアー【写真:Getty Images】

MLB公式の番組に出演してコメント「今シーズンは剰余価値が高すぎる」

 インディアンスの先発右腕、トレバー・バウアー投手が、自らの“市場価値”について熱弁をふるった。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 MLB公式サイトの記事によると、MLB公式配信番組「MLBネットワーク」のオフシーズン情報番組「ホット・ストーブ」に出演したバウアーは、「USAトゥデー」紙のボブ・ナイチンゲール記者がツイッターで「インディアンスはコーリー・クルーバー、カルロス・カラスコの両投手よりも、バウアーをトレードに出したがっている」と投稿したことについてコメント。「インディアンスが僕をトレードするべきではないと自分でも思える理由がたくさんある。今シーズンの僕に対する剰余価値はあまりにも高すぎたね」と話した。

 バウアーは今シーズン、インディアンスの先発投手陣の柱として、12勝6敗、防御率2.21、221奪三振、WHIP(1イニングあたりの四球+安打)1.09を記録。特に奪三振はキャリアハイを記録し、ローテーションを支えた。カラスコ(17勝10敗、防御率3.38、231奪三振、WHIP1.13)、クルーバー(20勝7敗、防御率2.89、222奪三振、WHIP0.99)といずれ劣らぬ好成績だが、バウアーの今季年俸は652万5000ドル(約7億3080万円)。メジャーの一流先発投手としては“格安”だ。

 そして記事では、野球選手としての総合指標「WAR」をもとに、この3人の「剰余価値」を算出している。「剰余価値」とはもともとマルクス経済学の概念で、生活に必要な労働を超えた労働を言う。つまり、支払われた給料を超えて働いた分の労働のことだ。それによると、この3人の剰余価値は

バウアー 4837万5000ドル(約54億680万円)
クルーバー 4240万ドル(約47億4880万円)
カラスコ 3970万ドル(約44億4640万円)

となり、バウアーはもっとも「年俸を超えた価値を生み出した投手」となる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」