野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス上林、増額提示も保留「考えていた金額と少し差があった」

1日、ソフトバンクの上林誠知外野手が契約更改の交渉を行ったが保留。5日に再交渉を行う。

契約更改に臨んだソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】
契約更改に臨んだソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】

「評価はしてくれた」も“2位査定”で開きか、差額は「中……ですかね」

 1日、ソフトバンクの上林誠知外野手が契約更改の交渉を行ったが保留。5日に再交渉を行う。

【PR】6月25日まで加入後2か月無料キャンペーン中! ベースボール&スポーツを観るなら「DAZN」

 今季の上林は、レギュラーシーズン全143試合に出場し、打率.270、22本塁打、62打点、13盗塁を記録。これらすべては昨年を上回る数字だ。さらに歴代4位の三塁打14本を放ち、守っても両リーグトップの10捕殺を記録した。

 レギュラーとして定着し、チームの顔に成長したことを「評価はしてくれた」としながらも「考えていた金額と少し差があった」とした。アップ提示を受けたことは間違いないが「差額を大・中・小で言えば?」の問いかけに「う~ん、中……ですかね。いろいろと含めてもう少し」と苦笑いした。
 
 すでに2軍は秋季キャンプ中の宮崎などで契約更改を行い、美間優槻内野手が1度保留した経緯はあるが、1軍クラスの契約更改はこの日の上林が一番手。いきなり“シーズン2位査定”の厳しさを感じさせる保留スタートとなった。なお、上林は5日に再交渉を行うことが決定した。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」