野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 中日
  • 「こいつ、プロに行くんじゃ…」 中日ドラ2右腕の激励会で語られた“原点”

「こいつ、プロに行くんじゃ…」 中日ドラ2右腕の激励会で語られた“原点”

仙台市出身で、中日からドラフト2位指名された東洋大・梅津晃大投手。11月24日に仙台市内で激励会が開催された。小学生時代に所属した少年野球チーム「南小泉メッツ」の主催で、当時のチームメイトや関係者など108名が出席し、エールを送った。

激励会に出席した中日のドラフト2位指名・梅津晃大【写真:高橋昌江】
激励会に出席した中日のドラフト2位指名・梅津晃大【写真:高橋昌江】

11月に仙台で開催された激励会、そこで語られた梅津の“素顔”

 仙台市出身で、中日からドラフト2位指名された東洋大・梅津晃大投手。11月24日に仙台市内で激励会が開催された。小学生時代に所属した少年野球チーム「南小泉メッツ」の主催で、当時のチームメイトや関係者など108名が出席し、エールを送った。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 中日の応援歌「燃えよドラゴンズ」が流れ、大きな拍手に包まれる中、梅津は1つ1つのテーブルを回りながら入場した。祝辞では南小泉メッツの木村勝好顧問が「潜在能力の高さをプロが評価し、判断してくれた。あの大谷(翔平)投手に決して引けを取らない素質の持ち主だと聞いております。是非、プロ野球界を背負って立つような、大選手になっていただきたい。その原点はメッツである、南小泉である、仙台であるということを忘れないでいただきたいなとも思います。私たちはあなたが頑張っている間、全力で応援してまいります」と励ましの言葉を送った。

 続いて、梅津が低学年の時に助監督だった平間裕信さんが「今もそうですが、当時も体が大きかった。今は優しい顔をしていますが、当時はもっと目つきが鋭かったです」と小学生当時の印象を話すと、会場は笑いに包まれ、「メッツから秀光中、仙台育英、東洋大と、かなり厳しい野球の道を歩んできたのではないかと思います。次にプロ野球で、もっともっと厳しいところに行く。覚悟を持って、行っていただきたいと思います」と激励した。

 会では小学生時代のスライドショーも上映された。小学校低学年の写真がスクリーンに映し出されると、お母さんたちからは「かわいい~」と黄色い声が。フルキャストスタジアム時代の楽天生命パーク宮城で投球している写真や、小学2年生で二塁打を放った動画などが流れ、梅津は「覚えていますよ」と懐かしんだ。写真撮影やサインにも応じ、ボールや色紙のペンを走らせた。サインは前日に完成したばかり。10月に脳出血で倒れて入院中の母の友人が、母のリハビリ用にと贈った磁石式お絵描きボードで練習した。

 同期や先輩、後輩からは様々なエピソードが披露された。同級生で捕手だった宮本隼人さんは「僕と晃大君との出会いは、自分は元々サッカーをやるつもりでいたんですけど、校庭でたまたまキャッチボールをしていたら『野球をやろうよ』という野球漫画でありそうな出会いでした。バッテリーを組んでいましたが、当時から球が速くてショートバウンドを止めらなくて怒られていました」と当時のエピソードを披露して会場の笑いを誘い、「これからも持ち前のクールさとガッツとセンスで頑張ってください」とエールを送った。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」