野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本ハム鍵谷「本当に自分は野球が下手だな」来季へ誓う苦悩の1年からの飛躍

日本ハムの鍵谷陽平投手が3日、札幌の球団事務所で契約更改交渉に臨み、700万ダウンの4300万円でサインした(金額は推定)。

契約更改に臨んだ日本ハム・鍵谷陽平【写真:石川加奈子】
契約更改に臨んだ日本ハム・鍵谷陽平【写真:石川加奈子】

今季は怪我に泣かされ調子が戻らず「自分の技術不足」

 日本ハムの鍵谷陽平投手が3日、札幌の球団事務所で契約更改交渉に臨み、700万ダウンの4300万円でサインした(金額は推定)。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 抑え候補として迎えた今季は3月中旬に右尺側手根屈筋の筋挫傷で戦線離脱。5月27日に1軍昇格したものの、調子が上がらず、28試合(先発0)0勝0敗2ホールド、防御率4.28の成績に終わった。

 春先の故障が響いた。「思ったよりも肉離れした箇所が良くなくて、自分の肘の感覚を取り戻すのにすごく時間がかかってしまいました」。チーム最多の60試合に登板して防御率2.53とキャリアハイをマークした昨季から一転、悔しさを味わうシーズンになった。

「思い通りの球を1球も投げられない感覚」とシーズン中は苦悩した。「本当に自分は野球が下手だなと痛感した1年でもありました」と自重気味に笑う。「パフォーマンスを戻せなかったという意味で、自分の技術不足。頭の硬さをもっと柔軟にしていかないといけないなと思います」と続けた。

 思うようなボールを投げられない中でも抑えた試合があったことは収穫だった。「粘って、何とか最少失点で抑える時がありました。変化球を含めた投球で何とかなったので、その力の加減はものにしていきたいです」と、今後不調時の引き出しの1つにする。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」