野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

武器は「亜大ツーシーム」 ロッテドラ5中村稔が対戦を熱望する先輩は?

ロッテの公式ホームページ「2018年ドラフト会議特集」には、ドラフト5位中村稔弥投手(亜細亜大)に対する山森雅文担当スカウト評がこう記されている。

入団会見に臨んだロッテドラフト5位・中村稔弥【写真:(C)PLM】
入団会見に臨んだロッテドラフト5位・中村稔弥【写真:(C)PLM】

担当の山森スカウトが惚れ込んだ精度と威力

 ロッテの公式ホームページ「2018年ドラフト会議特集」には、ドラフト5位中村稔弥投手(亜細亜大)に対する山森雅文担当スカウト評がこう記されている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「制球力抜群! 体力も抜群! ストレートは140キロ中盤で、特筆すべきはツーシームの精度の高さ。空振りも取ることができれば、ゴロの山も築くことができる」

 山森スカウトは、中村稔のツーシームに惚れ込んだ。同じ亜大OBのソフトバンク東浜巨、DeNA山崎康晃らもツーシームを武器としている。

 中村稔は「バッターに対して手応えが良かったので、投げ始めました」と、3年秋から本格的にツーシームを実戦で使うようになったという。覚えた経緯については「真っすぐから落ちるようなツーシームで、打者を抑えるために投げようと思ったからです」と教えてくれた。

 成績を見ても、ツーシームが与えた好影響は大きいようだ。3年春は防御率6.75と苦戦したが、「ツーシーム、スプリットを自分でコントロールできるようになってから勝てるようになりました」と、3年秋以降は防御率1.22(3年秋)、2.34(4年春)、0.96(4年秋)と、強豪ひしめく東都大学リーグで抜群の成績を残した。

 チームメートの藤岡裕大、宗接唯人をはじめ、球界には多くの亜大出身者がいる。中村稔は「対戦したい選手」として、迷わず大学の先輩であるソフトバンク松田宣浩の名を挙げた。「自分の持ち味である落ちる系の球を使って、抑えていきたいと思います」。「亜大ツーシーム」を操り、プロの世界でも強打者をねじ伏せていく。

(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」