野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • マチャド&ハーパーではなく…ヤンキースは来オフFAアレナド獲りに動くべき!?

マチャド&ハーパーではなく…ヤンキースは来オフFAアレナド獲りに動くべき!?

シーズン100勝を挙げ2年連続でポストシーズンに進出したものの、地区シリーズで宿敵・レッドソックスに屈したヤンキース。10年ぶりのワールドシリーズ制覇へ向け、今オフはマリナーズのエース左腕パクストンを交換トレードで獲得。ダイヤモンドバックスからFAとなっていた大型左腕パトリック・コービンの争奪戦には敗れたものの、10年ぶりのワールドシリーズ制覇へ向けて積極的な動きを見せている。

ロッキーズのノーラン・アレナド【写真:Getty Images】
ロッキーズのノーラン・アレナド【写真:Getty Images】

今オフFAマチャド&ハーパー資金をアレナドに投入すべき「もしヤンキースが賢いなら」

 シーズン100勝を挙げ2年連続でポストシーズンに進出したものの、地区シリーズで宿敵・レッドソックスに屈したヤンキース。10年ぶりのワールドシリーズ制覇へ向け、今オフはマリナーズのエース左腕パクストンを交換トレードで獲得。ダイヤモンドバックスからFAとなっていた大型左腕パトリック・コービンの争奪戦には敗れたものの、10年ぶりのワールドシリーズ制覇へ向けて積極的な動きを見せている。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 そんな中でブライアン・キャッシュマンGMへ思い切った提言をしたのは米メディア「ブリーチャー・レポート」だ。「ヤンキースはスーパースター三塁手・アレナドのためにFA資金を取っておくべきだ」との見出しで、来オフにFAとなるロッキーズのノーラン・アレナド内野手のための獲得資金を残すべきとの記事を掲載した。アレナドは今季38本塁打で自身3度目の本塁打王に輝き、メジャー通算6年で通算975安打&186本塁打。守備でも安定したハンドリングと“鬼肩”でルーキーイヤーから6年連続でゴールドグラブ賞を受賞し、オールスターに4度選出されているメジャーを代表する大型三塁手だ。

 ヤンキースはマニー・マチャド内野手(ドジャースFA)、ブライス・ハーパー外野手(ナショナルズFA)の大物FA野手の獲得に動くかが注目されている。それでも、両選手共に総額4億ドル(約450億円)の超大型契約となる可能性もあり、記事では「ヤンキースに最も必要なのは投手」とまずJA・ハップ(ヤンキースFA)やネイサン・イオバルディ(レッドソックスFA)ら先発投手の補強に全力を注ぐべきと指摘した。

 さらに、オフに右肘靭帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受けた正遊撃手のディディ・グレゴリウスが早ければ6、7月に復帰する可能性もある。記事では「好敵手のレッドソックスの前に地区シリーズで敗退したため、ヤンキースは大枚を叩く衝動に駆られるのかもしれない」とした上で、「ロッキーズが彼に契約延長を迫らないとすれば、彼は来年引っ張りだことなることだろう。もしヤンキースが賢いなら、彼らはハーパーかマチャドにつぎ込む資金を残しておき、その代わりにアレナド獲得の為に費やすことになるだろう」と言及している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」