野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ラミレス、ペタジーニ、グライシンガーら 活躍すると他球団へ移る燕助っ人

すでに1200人になろうとしているNPBの外国人選手。球史に残る選手も数多く出ている。今回は、ヤクルトとその前身球団で活躍した外国人選手について振り返ろう。

ヤクルトのウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】
ヤクルトのウラディミール・バレンティン【写真:荒川祐史】

林昌勇、バーネットら優秀な抑えも

 すでに1200人になろうとしているNPBの外国人選手。球史に残る選手も数多く出ている。今回は、ヤクルトとその前身球団で活躍した外国人選手について振り返ろう。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○国鉄、サンケイ、アトムズ、ヤクルトの外国人選手、安打数10傑 カッコ内は実働期間

1ラミレス 1184安打(2001-2007)ほか巨人666安打、DeNA167安打
2バレンティン 844安打(2011-2018)
3ロバーツ 750安打(1967-1973)ほか近鉄14安打
4ペタジーニ 595安打(1999-2002)ほか巨人218安打、ソフトバンク69安打
5レポーズ 428安打(1974-1977)ほか太平洋41安打
6マニエル 387安打(1976-1978・1981)ほか近鉄257安打
7マルカーノ 369安打(1983-1985)ほか阪急1049安打
8ハウエル 336安打(1992-1994)ほか巨人61安打
9ガイエル 330安打(2007-2011)
10リグス 318安打(2005-2008)

○本塁打数5傑

1バレンティン 255本塁打(2011-2018)
2ラミレス 211本塁打(2001-2007)ほか巨人148本、DeNA21本
3ロバーツ 181本塁打(1967-1973)ほか近鉄2本
4ペタジーニ 160本塁打(1999-2002)ほか巨人63本、ソフトバンク10本
5レポーズ 110本塁打(1974-1977)ほか太平洋12本

○勝利数10傑

1ブロス 28勝(1995-1997)ほか西武2勝
2ホッジス 27勝(2001-2003)ほか楽天2勝
3ハッカミー 20勝(1999-2000)
4ゴンザレス 18勝(2004-2008)ほか巨人27勝、ロッテ0勝
4ロマン 18勝(2012-2015)
6ベバリン 17勝(2003-2004)ほか横浜0勝
7ガトームソン 17勝(2005-2006)ほかソフトバンク10勝
8ブキャナン 16勝(2017-2018)
9グライシンガー 16勝(2007)ほか巨人31勝、ロッテ17勝
10林昌勇 11勝(2008-2012)
10バーネット 11勝(2010-2015)

○セーブ数5傑

1林昌勇 128セーブ(2008-2012)
2バーネット 97セーブ(2010-2015)
3オンドルセク 11セーブ(2015-2016)
4ルーキ 7セーブ(2016-2017)
5ロマン 6セーブ(2012-2015)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」