大谷の元同僚バルブエナ死亡事故で地元知事が声明 「所有物を持っていた4人を拘束」

今季エンゼルスでプレーしたルイス・バルブエナ【写真:Getty Images】
今季エンゼルスでプレーしたルイス・バルブエナ【写真:Getty Images】

ベネズエラ・ヤラクイ州のフリオ・レオン知事は自身のツイッターで明かす

 エンゼルスの大谷翔平投手と今シーズン途中までチームメートだったルイス・バルブエナ内野手と、元横浜(現DeNA)、ロッテのホセ・カスティーヨ内野手が死亡した悲惨な交通事故。ベネズエラ・ヤラクイ州のフリオ・レオン知事は自身のツイッターで事件に関与したとみられる容疑で4人を拘束したことを発表した。

 事件は6日(日本時間7日)の夜にバルブエナ、カスティーヨ、そして元ヤクルトのカルロス・リベロ内野手の3人が乗車する車が交通事故に遭遇。レオン知事はツイッターで「調査によると、シマロン・アンドレソテ高速の事故は、自動車が道路上の物体を避けようとして横転したことで発生した。メジャーリーガーの所有物を持っていた4人を拘束したことを発表する!」と、事件に関わった4人を拘束したことを明かした。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

CATEGORY