野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プレー機会を求めチェコに渡った元徳島・安田氏 海外挑戦で得た大きな自信

2018年シーズンも終わり、今後は豪州や台湾などでウインターリーグも始まった。海外に目を向けてみると、海を越えてプレーする日本人選手もいる。今年、チェコでプレーした安田旺昌(あきまさ)氏に話を聞いた。

今年はチェコリーグでプレーした安田旺昌氏【写真提供:安田旺昌氏】
今年はチェコリーグでプレーした安田旺昌氏【写真提供:安田旺昌氏】

不完全燃焼に終わった徳島でのプレー、投げる機会を求めチェコへ

 2018年シーズンも終わり、今後は豪州や台湾などでウインターリーグも始まった。海外に目を向けてみると、海を越えてプレーする日本人選手もいる。今年、チェコでプレーした安田旺昌(あきまさ)氏に話を聞いた。

 安田氏は大阪出身で最速148キロの直球を軸にドロップカーブやチェンジアップなど、変化球を織り交ぜて攻める本格派投手だ。小学4年生から野球を始め、住之江ヤング、大体大浪商に在籍。その後は2年間、甲賀健康医療専門学校でプレーし、徳島インディゴソックスでも投げた経験を持つ。「徳島では中継ぎとして投げていましたが、故障の影響もあって満足にプレーできませんでした」と当時を振り返る。

 徳島でのプレーを終えて次なるステージを目指し安田氏はBCリーグのトライアウトを受験する。自信を持って投げ切った後、球場を出ようとした際にこれまでイランやパキスタンなどアジア3か国で代表監督を務めた色川冬馬氏と出会った。

 色川氏は当時、台湾での試合を通じて海外球団との契約を目指す「アジアンアイランダース」を創設し、選手探しを行っている最中でトライアウトの視察に訪れていたという。

 海外でプレーができる機会はもちろんのこと、まだ投げ足りない気持ちがあった安田氏にとって、この誘いはまさに最高のタイミングだった。アジアンアイランダースへの入団を決めた安田氏は主に先発としてマウンドに立ち、吉報を待った。台湾での投球を終えて数日後、チェコ1部リーグに所属するオリンピア・ブランスコから入団オファーが届き、その知らせからわずか数週間後に現地へと飛ぶことになった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」