野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3年ぶり最下位に終わった楽天の戦力整理…12球団最多の大量20選手放出

昨季は終盤までリーグ優勝を争い、3位に食い込んだ楽天。梨田昌孝監督が就任して3年目を迎えた今季、5年ぶりのリーグVを目指したものの、結果は58勝82敗3分の最下位。シーズン中に梨田監督は辞任。平石洋介ヘッドコーチが監督代行に就任し、残り試合を戦った。

今季限りで現役を引退した聖澤諒【写真:荒川祐史】
今季限りで現役を引退した聖澤諒【写真:荒川祐史】

今季は梨田監督がシーズン途中に辞任、借金24で最下位に沈む

 昨季は終盤までリーグ優勝を争い、3位に食い込んだ楽天。梨田昌孝監督が就任して3年目を迎えた今季、5年ぶりのリーグVを目指したものの、結果は58勝82敗3分の最下位。シーズン中に梨田監督は辞任。平石洋介ヘッドコーチが監督代行に就任し、残り試合を戦った。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 建て直しを図りたい来季、平石監督代行は正式に監督に就任。“松坂世代”で初のNPB球団の監督となり、若さを全面に出して新たなチーム作りを進めていくことになる。また、石井一久氏がGMに就任し、このオフは例年以上に積極的な動きを見せている。

 FA市場では目玉の1人だった浅村栄斗内野手の獲得に成功。トレードで巨人から橋本到外野手、広島から福井優也投手を補強し、アラン・ブセニッツ投手、ジャバリ・ブラッシュ外野手と2人の新外国人選手の加入も決まっている。

 その一方でオフは、かなり思い切った戦力整理を行った。支配下、育成、外国人のトータルで、なんと20選手を放出(6選手は育成で再契約)。聖澤諒外野手や枡田慎太郎外野手など4選手が現役を引退した。そこでここでは、今オフ、楽天で引退や戦力外となった主な選手たちの実績を振り帰ってみよう。

○小山雄輝投手(戦力外→現役引退)
 大府高、天理大を経て2010年ドラフト4位で巨人へ入団。1年目に3試合に投げ、2試合目にはプロ初勝利をマークした。2014年には15試合に先発して6勝をあげて頭角を表したが、その後は低迷。2016年オフにトレードで移籍した楽天では2017年の5試合のみの登板に終わり、オフに戦力外通告を受けて現役引退を決めた。通算60試合8勝8敗1セーブ5ホールド、防御率3.08。

○伊志嶺忠捕手(戦力外→現役引退)
 北谷高、東京情報大を経て2007年の大学生・社会人ドラフト3位で楽天に入団。4年目の2011年には嶋に次ぐ2番手捕手の座を掴み、1軍の戦力に。その後も正捕手の座こそ奪えなかったが、貴重なバイプレーヤーとしての役割を果たしてきた。だが、今季は1軍出場なしに終わり、オフに戦力外に。その後、現役引退を決断した。通算186試合329打数65安打4本塁打29打点、打率.198。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」