アジアWL優勝決定戦、イースタン選抜が先制 1死満塁から燕・宮本の一ゴロで

ヤクルト・宮本丈【写真:荒川祐史】
ヤクルト・宮本丈【写真:荒川祐史】

先発の楽天・池田は3回まで5奪三振の快投

 台湾で行われている「アジア・ウインターリーグ」は16日、優勝決定戦が行われイースタン選抜は台湾選抜と対戦。3回にヤクルト・宮本の一ゴロの間に先制点を挙げイースタン選抜が先制に成功した。

 先発のマウンドに上がったのは楽天・池田。先頭打者に死球を与えが後続を打ち取り無失点で初回を切り抜けると、続く2回は3者連続三振を奪う快投を見せる。3回は1死から9番・莊駿凱に左翼線二塁打を浴びるなど2死一、三塁としたが3番・張を見逃し三振に仕留めピンチを切り抜けた。

 ここまで無安打のイースタン選抜は3回。先頭の楽天・岩見が左前打、続く巨人・加藤の犠打、ロッテ・和田が四球を選び1番の巨人・湯浅の左前打で1死満塁のチャンスを作る。ここでヤクルト・宮本の一ゴロの間に三塁走者の岩見が生還し先制点を挙げた。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

CATEGORY