野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンクがグラシアルと再契約合意と現地報道 キューバ要人「大筋で合意」

ソフトバンクがキューバ人助っ人ジュリスベル・グラシアル内野手と来季契約合意に達したことが明らかになった。グラシアルの母国キューバのラジオ局「ラジオ・ハバナ・キューバ」が公式サイトで伝えている。

ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのジュリスベル・グラシアル【写真:藤浦一都】

今季からホークスでプレー、54試合出場で打率.292、9本塁打、30打点

 ソフトバンクがキューバ人助っ人ジュリスベル・グラシアル内野手と来季契約合意に達したことが明らかになった。グラシアルの母国キューバのラジオ局「ラジオ・ハバナ・キューバ」が公式サイトで伝えている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 今季からソフトバンクに加入した33歳内野手は、同郷のアルフレド・デスパイネ外野手が怪我で離脱していた間に1軍に昇格。主に外野手として出場しながら、54試合で打率.292、9本塁打、30打点と大砲の穴を埋める働きを見せた。

 記事によれば、シーズン終了後にフリーエージェント(FA)となり、他球団と交渉することもできたが、ソフトバンクが優先権を持っていたという。キューバ野球連盟の幹部イヒニオ・ベレス氏は記者会見で、ソフトバンクの編成担当者がキューバを訪れたことを明かし、「グラシアルはホークスに戻る。大筋で合意に達した」と話したそうだ。

 ソフトバンクはすでに、バンデンハーク、サファテ、スアレス、ミランダ、モイネロ、デスパイネが保留選手名簿に入っているが、もう1人、おなじみの野手が戻ってくることになりそうだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」