野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • DeNA
  • ドラフト84番目の男が2年目で見せた成長 大学同期投手コンビに受ける刺激

ドラフト84番目の男が2年目で見せた成長 大学同期投手コンビに受ける刺激

DeNAは今季、最終戦前日までクライマックスシリーズ進出の望みをつないだが、最後の最後で力尽き、3年ぶりにAクラス入りを逃した。リーグV3を飾った広島が独走する一方で、2位以下は混戦を極めたが、6月から3か月連続で負け越して最下位に転落。9月後半の巻き返しで4位に浮上したものの、失意の1年だったことは否めない。

DeNA・佐野恵太【写真:荒川祐史】
DeNA・佐野恵太【写真:荒川祐史】

DeNA2年目の佐野恵太、開幕1軍掴むも結果が残せず…

 DeNAは今季、最終戦前日までクライマックスシリーズ進出の望みをつないだが、最後の最後で力尽き、3年ぶりにAクラス入りを逃した。リーグV3を飾った広島が独走する一方で、2位以下は混戦を極めたが、6月から3か月連続で負け越して最下位に転落。9月後半の巻き返しで4位に浮上したものの、失意の1年だったことは否めない。だが、同時に未来のDeNAを背負って立つ若手選手の成長が見えたシーズンでもあった。その1人が、2年目のシーズンを終えた佐野恵太内野手だ。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! DeNA戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 明治大学から2016年ドラフト9位で入団。ルーキーイヤーだった昨季は18試合出場(24打席)にとどまったが、今季は73試合に出場し、130打席に立った。6月1日の敵地ソフトバンク戦では、千賀滉大投手の147キロのストレートを右翼席まで運び、プロ初ホームランを記録。打率.230ながら5本塁打14打点と、秘める才能の一端を見せた。

 昨オフは台湾で開催されたアジア・ウインターリーグ・ベースボールに、NPBイースタン・リーグ選抜の一員として参加した。17試合に出場して打率.391、5本塁打、18打点と大活躍し、チームの初優勝に貢献。自身も最優秀打者賞に選ばれた。この経験を自信に臨んだ今季は、開幕1軍を掴んだものの結果を残せず。1軍では今季無安打のまま、5月は2軍での再調整を余儀なくされた。「1本目のヒットがなかなか出なくて焦って空回りしていた」という佐野は、嶋村一輝ファーム打撃コーチのアドバイスを受けながら、オフに取り組んだ打撃のポイントを再復習。5月31日に1軍に昇格すると、翌日のソフトバンク戦でプロ初アーチを描いた。

「がむしゃらにやっていたのが、やっと落ち着いて、心と気持ち、頭の整理ができて打席に向かえるようになりました」

 打者は3割打てば成功と言われるが、代打となれば話は違う。与えられた1打席で結果を出さなければならない。レギュラー定着を目指す若手選手にとって、避けては通れない試練だ。「1日1打席あるかないかの中で、結果がそこで出てしまう。バットにも当たらず三振なんてした時には、今日はこの1打席で終わりか……って」。代打の難しさを痛感する中で、改めてその凄さに感銘を受けたのは、クリーンアップを担うホセ・ロペス、筒香嘉智、宮崎敏郎の3打者だ。

「自分が打てば勝てるっていうバッターになりたいです。代打での出場が多いので、チャンスで使ってもらっている。勝負強い打撃をしなければいけないとは思っているんですけど、それがまだできていないな、と。宮崎さん、筒香さん、ロペスさんってクリーンアップを見ていると、勝負強いバッターだなって思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」