大谷と新人王争ったアンドゥハーに放出の噂が出る理由 米メディア「原因は…」

ヤンキースのミゲル・アンドゥハー【写真:Getty Images】
ヤンキースのミゲル・アンドゥハー【写真:Getty Images】

米メディアがアンドゥハーの守備力を分析、来季三塁を守る可能性は50%?

 エンゼルスの大谷翔平投手とア・リーグ新人王を争ったヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手。打撃では打率.297、27本塁打、92打点、OPS(出塁率+長打率).855と主軸として奮闘したが、三塁の守備にはシーズンを通して厳しい声が挙がっていた。守備率.948、15失策。その拙守ぶりから、今オフのトレード放出の可能性が議論されている。

 米メディア「ジ・アスレチック」は「ミゲル・アンドゥハーはどこまで優秀な選手になれるだろうか?」との見出しで、アンドゥハーの守備に関する特集記事を掲載。「立派なルーキーシーズンを過ごした」と打撃を評価する一方、「欠点も露呈した」と守備力を課題に挙げている。

 記事では「ニューヨークファンは前者(立派なシーズン)に沸き上がり、トレード候補として報道される原因に当たるのが後者(欠点の守備)である」と説明。ヤンキースでは正遊撃手のグレゴリアスがオフに右肘のトミー・ジョン手術を受けて来季開幕が絶望的。今オフのFA市場の目玉となっている強打者マチャドら内野手の補強がしばしば話題となっている。それだけに「彼は我慢強さと守備力を向上できるだろうか? 彼はトレードを成立させる駒として最適な“欠点のある選手”ということなのだろうか?」と読者に問いかけている。

三塁手としては高い打力も、一塁に転向すれば「下から数えて1/3」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY