野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2010年ドラフト、パ各球団の成果は? “空前の当たり年”鷹は柳田、千賀、甲斐ら入団

12月半ばに差し掛かり、2018年もあとわずか。プロ野球界もすっかりシーズンオフとなり、話題はストーブリーグが中心となっている。各球団の契約更改も進み、FA権を行使した選手たちの去就も全て決定。新助っ人の補強も、続々と発表されてきている。

ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・柳田悠岐【写真:藤浦一都】

西武には2位で牧田、3位で秋山が加入

 12月半ばに差し掛かり、2018年もあとわずか。プロ野球界もすっかりシーズンオフとなり、話題はストーブリーグが中心となっている。各球団の契約更改も進み、FA権を行使した選手たちの去就も全て決定。新助っ人の補強も、続々と発表されてきている。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 そして、今秋のドラフト会議で指名された各球団期待のルーキーたちも正式に契約を締結。各球団で新入団選手発表会も行われており、お披露目されている。中日に入団した根尾昂内野手やロッテの藤原恭大外野手、広島の小園海斗内野手、日本ハムの吉田輝星投手、西武の松本航投手、ソフトバンクの甲斐野央投手らが注目を集める中で、来季、一体どの選手が輝きを放つのか、楽しみだ。

 ただ、ルーキーたちがいきなり1年目から活躍するのは、なかなか至難の技。昨年のドラフトで指名された今季のルーキーたちも然り。清宮幸太郎内野手が大きな注目を集めた中で、大きく活躍したのはDeNAの東克樹投手ら、一握りの選手だけだった。

 ドラフトの成果は5年、10年経ってみないと分からないと言われるもの。では、5年前から10年前の各球団のドラフトが、今季どのように成果として発揮されたか、1年ずつ検証していってみよう。今回は10年前、2010年のドラフト【パ・リーグ編】だ。

【ソフトバンク】
× 斎藤佑樹投手
1 山下斐紹捕手(→楽天)43試合96打数19安2本9点 .198
2 柳田悠岐外野手 130試合475打数167安36本102点 .352
3 南貴樹投手(2014年戦力外)
4 星野大地投手(2017年戦力外)
5 坂田将人投手(2017年戦力外)
育1 安田圭佑外野手(2014年戦力外)
育2 中原大樹内野手(2014年戦力外)
育3 伊藤大智郎投手(2017年戦力外)
育4 千賀滉大投手 22試合13勝7敗0S0H 3.51
育5 牧原大成内野手 59試合249打数79安3本26点 .317
育6 甲斐拓也捕手 133試合314打数67安7本37点 .213

【西武】
1 大石達也投手 10試合1勝0敗0S2H 7.00
2 牧田和久投手(→パドレス)27試合0勝1敗0S2H 5.40
3 秋山翔吾外野手 143試合603打195安24本82点 .323
4 前川恭兵投手(2015年戦力外)
5 林崎遼内野手(2015年戦力外)
6 熊代聖人外野手 25試合9打数0安0本0点 .000

【ロッテ】
× 斎藤佑樹投手
1 伊志嶺翔大外野手 18試合46打数13安0本2点 .283
2 南昌輝投手 35試合2勝2敗0S6H 3.00
3 小林敦投手(2015年戦力外)
4 小池翔大捕手(2014年戦力外)
5 江村直也捕手 35試合16打数1安0本0点 .063
6 藤谷周平投手(2014年戦力外)
育1 黒沢翔太投手(2017年戦力外)
育2 山口祥吾投手(2012年戦力外)
育3 石田淳也投手(2012年戦力外)

【日本ハム】
1 斎藤佑樹投手 3試合0勝1敗0S0H 7.27
2 西川遥輝外野手 140試合528打数147安10本48点 .278
3 乾真大投手(→巨人、2017年戦力外)
4 榎下陽大投手(2017年戦力外)
5 谷口雄也外野手 6試合6打数0安0本0点 .000
6 齊藤勝投手(2015年戦力外)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」