野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB注目のキューバ人選手は…トップ3に鷹デスパ、グラシアル、モイネロ登場

MLB注目のキューバ人選手は…トップ3に鷹デスパ、グラシアル、モイネロ登場

MLB機構とキューバ野球連盟との間で19日(日本時間20日)、キューバ人選手が亡命せずにメジャーでプレーできる歴史的協定が締結された。MLB公式サイトのスペイン語版によると、キューバ人選手は、MLBはもちろん、MLB機構の管轄下にあるドミニカ共和国、プエルトリコ、メキシコ、ベネズエラでのプロリーグでも、自由にプレーすることができるようになる。だが、その資格を得るのは25歳以上、かつキューバ国内リーグで6年以上のプレー経験を持つ選手のみ。この条件に満たない選手がMLB管轄下のプロリーグでプレーする場合にはアマチュアドラフトを経なければならないという。

ソフトバンクのグラシアル、デスパイネ、モイネロ(左から)【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのグラシアル、デスパイネ、モイネロ(左から)【写真:藤浦一都】

亡命せずにメジャー球団と契約が可能に、NPBにも影響か

 MLB機構とキューバ野球連盟との間で19日(日本時間20日)、キューバ人選手が亡命せずにメジャーでプレーできる歴史的協定が締結された。MLB公式サイトのスペイン語版によると、キューバ人選手は、MLBはもちろん、MLB機構の管轄下にあるドミニカ共和国、プエルトリコ、メキシコ、ベネズエラでのプロリーグでも、自由にプレーすることができるようになる。だが、その資格を得るのは25歳以上、かつキューバ国内リーグで6年以上のプレー経験を持つ選手のみ。この条件に満たない選手がMLB管轄下のプロリーグでプレーする場合にはアマチュアドラフトを経なければならないという。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 そこで、同サイトでは「MLB球団の興味を引くキューバ人選手トップ10」と題した特集記事を掲載。その中で上位3傑を占めたのは、日本でもおなじみの顔ぶれだった。

 堂々の1位に輝いたのは、日本で5年プレー経験を持つソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手だ。2014年から3シーズンをロッテでプレーし、2017年からソフトバンクに移籍。NPB通算5年で118本塁打、364打点、打率.264の成績を残す打者で、現在もソフトバンクには欠かせない存在となっている。寸評では「現在、キューバ野球連盟に所属する選手の中ではベストプレーヤーの呼び声が高い」と評価。NPBでの成績を紹介しながら「パワー溢れる打撃で、ソフトバンクの攻撃の要になっている」と伝えている。

 2位に入ったのは、ジュリスベル・グラシアル内野手だ。今季からソフトバンクでプレーする33歳は、来季契約も大筋で合意に達しているというが、今季は54試合で打率.292、9本塁打、30打点の成績。守備は本来の内野だけではなく外野もこなし、寸評でも「多彩な選手。キューバ屈指の好打者」と評価は高い。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」